年末年始の予定です。

◎12月29日午後 ~’12年1月4日まで、お休みします。
(※29日午前は、予約に空きがありません)

なお、急患等(ぎっくり腰やケガ等)や、痛みが強くて我慢できない場合(ヘルニア等)は、できる限り対応します。あきらめずに、電話等でご相談ください。
電話 0250-68-1400 (不在の場合は携帯に転送になります)

では皆様、元気に年末年始をお過ごしください

テーマ : お知らせ
ジャンル : その他

子どもと遊んでいて手首を痛めたてしまった。

以前にめまい・ふらつきで来院した30代後半の男性会社員。年末の忙しさもあり、疲労がたまっているそうで、久しぶりの来院です。
また最近、5歳の息子と遊んでいてちょっと無理をしたら、それから右手首が痛いとのこと。手首の内外旋で特に痛みます。これは動作時の関節のずれが主な原因です。動作時だけの問題なので、レントゲン撮影では分かりません。このずれを解消する動作法で、すぐに大部分の痛みは取れました。しかし、外旋してから戻すときの「僅かな痛み」が残りました。
この場合、これ以上動作法をやっても意味がありません。残った痛みはマザーキャットでチチンプイ  「あ、完全に痛みがなくなりました。凄い!」
激痛ではないといえ、痛みが短時間でどんどん無くなっていくのは、施術する側も気持ちいいですね
子どもも5歳くらいだと、お父さんと身体を使って遊ぶのが本当に楽しいものです。仕事で疲れているのに、子どもとのスキンシップに頑張るお父さんに拍手です




とても真冬の雲とは思えません。今朝、長女を駅まで送る際、阿賀浦橋の手前で見つけました。車のフロントガラス越しの撮影です。雲は秒単位で形が変わるので、構図を考えている余裕はあまりありません。
風景 001-2


↓「人気ブログランキング」クリックの
  ご協力をお願いします。
人気ブログランキングへ ←1人1日1回のクリックが有効です。

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

医者がレントゲンを写真を一目見て「こりゃだめだ」と言った腰痛の場合

40代の男性会社員。若いころからぎっくり腰など、年に1~2回は痛い思いをしてきた方です。
以前は整形外科にも何度か行ったそうですが、「どうせ痛み止めと湿布だけなので」行かなくなったそうです。
ところが今月半ばからの痛みが、いつもと違ってどんどん悪化。不安になって久しぶりに整形外科に行きレントゲンを撮ってみました。すると医師が写真を一目見るなり一言「これはだめだな。椎間板がほとんどなくなっている。一生治らないよ」と。また、「痛みが治まったら、腹筋や背筋を鍛えていくしかないね」とも。
会社の社長が心配し、ネットで調べて当院を勧めてくれた。

《症状》
腰椎4番付近の右側に激痛。どの姿勢でも痛い。治療ベッドに仰向けの姿勢になっても痛い(家では横向きで寝ている)。最初の筋肉治療で身体が少し揺れただけでも痛い。

《施術と結果》
施術しながら、椎間板が回復する条件などを説明しましたが、概ね理解してもらえたようです。筋肉治療、椎間板治療、歪みの治療を無理のない範囲で行っていくと、寝ているときの痛みは次第に無くなって行きました。
仕上げに寝返りの動作法と椎間板の自己療法を指導です。
椎間板が完全に回復するまでは、施術後も痛みは戻りますが、焦らないことです。よく「歳をとったら潰れた椎間板は回復しない」などと、治療する側も口にすることがありますが、ウソです(笑) いや、ウソと言うより間違った考え方ですね。人間生きていれば必ず新陳代謝があり、新しい細胞は作られています。あとは正しく身体を導いてやれば、潰れた椎間板も回復します。
施術後、どれくらい痛みが戻るかと思いましたが、立ちあがって身体を動かしてもらうと、
「あ、全然違います! 楽です」と笑顔がこぼれました
小雨まじりの天気だったので、帰りは車まで小走りでした。
でも油断せず、しばらく通院しましょう



↓「人気ブログランキング」クリックの
  ご協力をお願いします。
人気ブログランキングへ ←1人1日1回のクリックが有効です。

苦しくて玄関に倒れ込み。リウマチ患者の場合。

以前、症例報告したリウマチの患者さん。
昨日、急きょ夕方に予約を入れ、いつものように旦那様の運転で来院されたのですが。。。
玄関を入ってくるなり、倒れ込んでしまいました。半分意識がない様な状態です。目が開かない、声が出ない、息も絶え絶え。抱きかかえて治療ベッドまで運びましたが、「苦しい、痛い」と消え入りそうな声で訴えています。
客観的にみて、普通なら間違いなく救急車を呼ぶケース。
胸が苦しく息ができないのは、原因が分かっているから落ち着いて施術はしていますが、(このまま死んじゃわなければいいが…)と一瞬不安にもなりました。


この方は10月いっぱいまで週2回程度の施術を行っていました。ご主人の運転で車で片道2時間(高速道利用)の道のりです。その後、当院に来るきっかけを作ってくださった師匠の山田先生から、『私の治療を集中的に受けてみませんか』と声をかけていただいたそうで、1か月ほど先生のいる大阪に滞在して治療を受けていました。
そのおかげで、私の施術ではなかなか痛みが取れなかった足指と右手首の痛みがほとんどなくなりました。
しかしかなりの重症だったことから、アフターケアを私が引き続き担当することになったのでした。
ということで久し振りに元気な顔を見られるはずだったのですが。。。
どうやら長旅のつかれと、一人でホテルにこもっていたストレスなどが重なったようです。こちらへ向かう途中からどんどん悪化したといいますから、車酔いなどもあったかもしれません。

息苦しい、背中が痛い、首が痛い、頭が痛い、気持ち悪いという状態で下が、治療のかいあって、次第に容態も落ち着き、すやすや眠るような感じになってきましたが、問題はこの後です。
また2時間も車に乗って帰ったら、また悪くなるかもしれません。もしそうなったら、いくらマザーキャットを買ったとはいえ、まだご主人一人では対応できないでしょう。
このまま帰すのは非常に怖いです。

「私、自宅まで行きましょうか?」
ご主人の顔がパッと明るくなりました。
「おい、どうする? 先生から家に来てもらうか?」と奥様に訪ねると、
「お願いします。このままだと怖いです…」との返事です。
では行きましょう!
妻に状況を手短に伝え「頑張って」と送り出されると、一路◯◯市へ。
午後8時自宅を出発。10時前着。

当院に来たときよりはいいですが、まともに立って歩けません。やっとの思いで家に入り、肌寒いリビングで治療です。焦らず、自分を信じて、自然形体療法を信じて……。
次第に痛み・苦しみも楽になり、目も開けられるようになりました。体温が低いのはきっと夕食を食べていないせいもあるでしょう。
起きて何か口にできるようだったら、温かい飲み物でもと提案すると、ご主人がせっせと夕食の支度をしているところでした。仕事の合間を縫っての送迎といい、奥さんの世話といい、本当にご主人の心の温かさと愛情の深さにはいつも心を打たれます。

私の分も夕食を用意していただき、奥様が自分でつけたキムチやガリなども美味しく頂きました。ご本人も、卵スープや、ご飯物を少し口にしていたら、どんどん体調が戻ってきました。そのうち口数も増え、笑顔もでるようになりました。いつもの明るい奥様に戻ってきました。
「ああ、やっと眠れそうです」
その言葉と笑顔を見れば、もう帰ってもいいでしょう。
午後11時発。午前0時45分着。
ちょっと疲れましたが、元気です。

今朝9時にメールが来ました。
『(略)昨夜は久し振りに熟睡できました。ありがとうございました。(略)」と。
よかった。安心しました。

今日、このことを妻に報告していたら、
10年前、長女が紫斑病で山田先生の治療を受けていたときを思い出したと言います。
そう言えば、治療を受けて元気になっても、自宅に帰るとまた悪くなってしまうときが何度もありました。当時、先生の治療院までは車で40分でしたから、また治療に行ったこともありました。それでも(先生の治療所に泊まることができたなら)と何度思ったことでしょう。
東京にいる先生に電話したとき、「月曜に帰る予定繰り上げて、日曜に治療しましょうか?」と言われて、どれほど嬉しかったことか。

今度は私が人の役に立つ番です。
私を必要としてくれる人がいるのなら、いつでもどこでも飛んでいきます。


↓「人気ブログランキング」クリックの
  ご協力をお願いします。
人気ブログランキングへ ←1人1日1回のクリックが有効です。

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

授業中、急に股関節が痛くなった小学6年生。

当院の営業時間は午後7時からの施術が最終(原則)です。夕方から予約が詰まっている場合、夕食は全ての施術を終えた午後8時過ぎです。それは全く問題ないのですが、これで本日の施術が終わったとは限りません。

仕事を終え、一人夕食を食べていると、毋がやってきて「悠樹(長男)が夕方から足の付け根が痛いと言っていたから診てやって」とのこと。本人に聞いてみると、今日2時間目の授業中(座っているとき)に急に痛くなったらしいです。左股関節の痛みですが、左足に体重をかけたときが特に痛く、足を持ち上げても痛い。「浴槽に入ろうとしたら、痛いのと足の感覚がなくなった感じがした」

《施術と結果》
まず体重をかけたときの痛み。まず疑うべきは動作転位です。立ったままで施術し「どう?」と私。
「体重をかけては痛くなくなったけど、足を上げたときはまだ痛い」
これも別の動作の動作転位。これも立ったまま施術し、再び「どう?」
「え?なんで痛くないの?」
「走ってみたら?」 (廊下を小走り)
「すげーっ 痛くない!なんで?」 
(ふふふ…、どうだ参ったか

仕事であればこの後、念のため全身の疲労などを解消する施術をしますが、家族の場合はその後の経過がすぐ分かるので、結果が出れば即終了。合計20秒の施術です


↓「人気ブログランキング」クリックの
  ご協力をお願いします。
人気ブログランキングへ ←1人1日1回のクリックが有効です。


テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

プロフィール

ひろた自然形体療法院

Author:ひろた自然形体療法院
 
院長氏名:廣田正博
所在地:阿賀野市小浮847番地

その痛み、あきらめていませんか? どんな症状でも、原因を正しく治療すれば必ず改善します。
まずはお気軽にご相談を。

電話 0250-68-1400

★メールはこちらをクリック



ご予約はホームページから
   (特典あり)
  ☆こちらをクリック☆





⇒ブログのトップへ

カテゴリ
クリックして通販のページへ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR