FC2ブログ

治りにくい打撲? 実は亀裂骨折(ヒビ)だった。(小6男子 バスケ)

バスケの試合中、ゴール下で競った際に、相手選手の膝が右足のスネに当たりました。相手選手がバランスを崩したか滑ったか、かなりの衝撃だったようです。
それを転ばすに足で受け止めたので、よりダメージが大きかったのでしょう。
それでもその後も痛みをこらえてプレーを続行。試合後は近所の接骨院で診てもらうと、肉離れに近い打撲ではないか、ということでした。
そこではあまり患部を触らなかったそうですが、次に行った整体では、患部を揉まれ「けっこう痛かった(本人)」
一週間経っても痛みが変わらず、大事な大会を次の週に控えていたため、紹介で来院されました。

初診時、腫れもなく内出血もなく、でも圧痛はありました。打撲用の治療をすると圧痛の範囲が狭くなったようなので、このときはまだ打撲という判断でした。痛みが引かないのは、他の整体で揉まれたせいであろうと。打撲を揉んだら悪化しますので。

二日後、二度目の治療。練習では最初は良かったけど、だんだん痛くなったので途中でやめたとのこと。念入りに打撲用の治療を行って終了。
これで多分、大丈夫と思っていたら、その日の夜にメールが来て、大会までにもう少し万全にしたいと次の日に予約を希望されました。
さすがに、ここに来て気が付きました。これは打撲ではないと。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
記憶を遡ること十五年以上前のこと、まだ私は自然形体の研修生でした。
子供が通っていた小学校の養護教諭がPTAの会合の際に私に相談してきました。
教「半月ほど前に子供が私の足のスネにぶつかってきて、まだ痛いんです」
私「半月も痛みが変わらなければ、それはヒビ入っていますよ」
教「でも、整形外科を二軒回ってレントゲン撮りましたが異常ないって」
私「それはレントゲンの方向が悪い。ぶつかった反対側から撮らないと」
教「でも撮影方向を私が指示したら怒られませんか?」
私「それなら、そっち側が痛いって言えばいい(笑)」
後日、私の携帯に電話が入り、やはりヒビが入っていたと。整形外科が何をやっているんだと憤慨していました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
治療前に骨折の検査です。
スネ部分、つまり腓骨付近を軽く押しても圧痛があります。
そこで腓骨を骨折方向に動かないように保持した状態で押して見ると、痛みがありません。
骨折は骨が密着していれば痛くないのです。
昔のエピソードを交えて本人とお母さんに説明しました。また、腓骨より圧倒的に脛骨のほうが太くて丈夫なので、歩くのは問題がないこと、ギブスやテーピング、サポーターなどで固定しようとすると骨折方向に力が加わるので何も巻かないこと(ふくらはぎの筋肉があるので添え木は不可能)、そして次の大会は諦めましょう、と。

骨折の治療(骨を密着させる)を施して終了です。
後日、私が言った方向からレントゲンを撮ってもらったという報告がありました。
「ちょっともやっと写っていて、先生も『やはりヒビが入っていたようですが、もうくっついてますよ』と言っていました」

大事な大会は出場叶いませんでしたが、ミニバスはまだたくさん大会があるし、しっかり治してから、いい思い出づくりに力を注ぎましょう!


★ひろた自然形体療法院 《新潟県阿賀野市小浮847》
 tel  0250-68-1400

tag : 打撲 骨折 バスケット レントゲン サポーター 筋肉 ヒビ 阿賀野市

治療効果?でゴ~~~~ル! (中2 男子サッカー)

約8か月前にオスグットで来院した中学2生サッカー部員。オスグットは2回の治療で回復しましたが練習はかなり厳しいようで、その後も足首痛や、(オスグットではない)膝痛などでちょくちょく来院しています。
特に大会前は一段と練習も厳しくなるようで、ご両親もハラハラしながら見守っている様子です。

今回も土曜開催の大会を前に、「足が思うように動かない」という本人の訴えで木曜夜に連絡が来ました。とはいっても金曜の予約はいっぱい。でも、夜遅くてもギリギリ可能な距離なので時間外で対応することにしました。

立位で膝を曲げると左アキレス腱が痛みますが圧痛はありません。足全体がガチガチに固くなっています。これでは思うように動かせませんね。
時間を掛けて筋肉の緊張を取り、アキレス腱の痛みも解消しました。
「じゃあ、頑張ってね」と送り出しましたが……

すると今日の仕事中に、ご両親からSMS(ショートメッセージサービス)が入りました。
『昨日は、大変ありがとうございました。本日、予選一位通過しました!最後は、一点決めてくれましたよ〜(原文)』
嬉しい報告でしたね。その1点のアシストは非公式で私にも半分権利あり(笑)
次もがんばって下さいね(^o^)/~





 ↓読んだらこのバナーをクリックして、ランキングへの投票をお願いします。

人気ブログランキングへ 
★ひろた自然形体療法院 《新潟県阿賀野市小浮847》

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

tag : オスグット アキレス腱痛 サッカー 新潟 阿賀野市 痛み

試合続きで腿裏が痛くなった(小6 男子 サッカー)

お昼すぎの電話。足の痛みで何度か来院しているサッカー少年の母親からです。
「また足が痛くなりました。今日は無理でしょうか?」
いえいえ、ちょうど最後の予約がキャンセルになっていました。タイミング良かったですね。

(また同じところかな? それとも……)
この子が最初に来た時が左足の踵骨骨端炎。3カ月後に右足の踵骨骨端炎で再来院。
その半年後には両アキレス腱痛と、足の色んな所に痛みが出ます。

試合直後の来院ですが、症状を聞いてみると、
「右の腿の裏がときどき痛かったんですが、一昨日から急に痛みが強くなりました」といいます。
腿裏の痛みは肉離れがすぐに思い浮かびますが、圧痛もわずかだし歩く程度では痛みがないのであまり心配はなさそうです。

それでも一通り治療してから腿裏を伸ばしてみると、まだ痛みが出ます。
肉離れに気をつけながら再度念入りに治療。もう一度伸ばして確認すると、今度は大丈夫になりました。
あとはストレッチを十分にやれば再発もしないと思います。
それにしても、連れてきた父親いわく、
「試合続きで相当疲れていると思います」
そうでしょうね。エースが出ないわけにもいかないだろうし、コンディションに気をつけて頑張ってください。





 ↓読んだらこのバナーをクリックして、ランキングへの投票をお願いします。

人気ブログランキングへ 
★ひろた自然形体療法院 《新潟県阿賀野市小浮847》

tag : サッカー 踵骨骨端炎 原因 治療 新潟 阿賀野市

左足の裏が突っ張って歩きづらい(60代 男性)

1か月半前頃から左足の太ももの後ろ側とふくらはぎに突っ張るような感じが出始め、次第に足を引きずって歩くまで悪化しました。
特に車の運転など、座った状態が続いた後の動き出しが悪いといいます。
病院に行ったら、「ストレッチをしなさい」と言われただけ。
県外在住ですが、ネットで自然形体治療に興味を持ち、メール予約により来院です。

朝一番の予約だったので、車から降りて歩いてくるまでの様子が、ちょうど治療室の窓から見えました。
足を引きずるというか、曲がりにくいというか、かなり歩きづらそうです。

大柄の人ですが、それでも半年前に胃の手術をした後、20kgも痩せたのだとか。
左足だけでなく、背中全体も固く張っていました。
これでは内臓全体の働きも悪くなりますから、足を傷めた理由も特に思い当たらないということであれば、疲労が溜まってしまった結果でしょう。
うつぶせの状態で膝を曲げてもらうと、90度くらいで強い張りが腿に出ます。

筋肉治療だけで可動も左右同じになり、突っ張りも痛みも無くなりました。
強いストレッチは痛いだけで効果ありませんよ、と説明すると
「頑張って精一杯伸ばすようにしていました」とのこと。やっぱり。
また、自宅周辺の治療院も何箇所か回ったといいますが、
「どこも痛い治療ばかりで……。ここはまったく痛くしないんですね」
なぜ痛い治療はだめか、強いストレッチはだめかを説明すると、
「なるほど、理屈ですね。よく分かりました」
治療は理詰めでやらないといけません。傍で見ていると「不思議な治療ですね」と感心されますが、けっして怪しいものではありません(笑)

 ★ひろた自然形体療法院 《新潟県阿賀野市小浮847》

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

tag : 痛み 改善 新潟 阿賀野市

立ちあがったら急に足全体がに痛み。動けなくなった。(70代 女性)

10か月前、椅子から立ち上がった瞬間、両足に痛みが走り、さらには歩行困難になったといいます。
痛みは4、5日で引いたものの、その後足がむくんで正座ができなくなりました。
いまだに夜中にトイレに行くときは足がパンパンに張ってかなり動かし辛く、歩くまで1~2分かかります。朝起きてすぐは動かし辛いものの、動いていると少し楽になります。しかし午後から夕方にかけて足がまたパンパンに腫れてくるといいます。
ただし痛みはないそうです。

足全体のむくみを取るのは難しくありませんが、10か月も前からであるということ、突然襲った症状であるということ等を考えると、単純な疲労ではなさそうです。
病院では
「腰からくる症状だ」
「歳だから仕方ない」
と言われています。

腰背部の治療で膝を曲げる姿勢をしたら、「腿の内側が突っ張る」と訴えました。どうも腰椎の上部に関係するようです。
椎間板を伸ばす治療をしたら「気持ちいい」と。しかも腿の突っ張りがなくなりました。
「椎間板を潰していますね」と言うと、
「そうなんです、何年も前に尻もちをついて傷めたようで、今回の症状でレントゲンを撮ったら、下から3番目だか?の骨が潰れていると言われました」

もともと潰れ気味になっていた椎間板が、とうとう悲鳴を上げたんですね。
上部椎間板は腿の内側の痛みや膝の水などにも関係しています。
今あるむくみを取り、椎間板を伸ばし、自己療法を伝え、しばらく通院することになりました。
「凄く楽になりました。ありがとうございました」

そう、歳のせいでもなく、歳だから回復しないということでもありません。
「人間、生きていれば必ず治る」とは、故・山田洋先生の言葉です。

 ★ひろた自然形体療法院 《新潟県阿賀野市小浮847》

tag : 痛み 治療 改善 新潟 阿賀野市

プロフィール

ひろた自然形体療法院

Author:ひろた自然形体療法院
 
院長氏名:廣田正博
所在地:阿賀野市小浮847番地

その痛み、あきらめていませんか? どんな症状でも、原因を正しく治療すれば必ず改善します。
まずはお気軽にご相談を。

電話 0250-68-1400

★メールはこちらをクリック



ご予約はホームページから
   (特典あり)
  ☆こちらをクリック☆





⇒ブログのトップへ

カテゴリ
クリックして通販のページへ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR