膝関節ネズミは本当にいたのか?という疑問

膝関節ネズミというのは、外傷やスポーツ障害などで膝関節内の軟骨が、軟骨単独または骨と一緒に剥がれおちてしまい、関節を包んでいる関節包内にとどまっている状態です。
関節ネズミがあっても、関節内で邪魔をしなければ無症状です。

中学2年生のときに、その関節ネズミの除去手術を行い、以後常に違和感を持ちながら生活してきた40代の男性が初診で来られました。遠方からの来院ですが、当院で治療した半月板損傷の中学生の母親からの紹介です。
「手術を勧められていた息子さんが1回で良くなったと聞いて、ワラにもすがる思いできました」
(はい、ワラはワラでも丈夫なワラですから、どうぞすがってください
まだ関節ネズミがあり、それが関節に挟まって痛いという訴えです。

遠方からの来院で大幅な遅刻となり、後の予約もつまっていたので十分な治療ができませんでしたが、症状のある右足だけ行いました。それにしても全身、筋肉疲労の塊でカッチカチです。健康回復には全身治療が必要です。
とりあえず「来院前よりかなり楽になった
ということで次回の予約をとっていかれました。

ただ気になることがありました。
本当に関節ネズミなのか?と。

関節がロックされたように動かなくなる症状は、関節ネズミが挟まってしまう状態のほか、疲労した筋肉などが原因になる場合があります。
関節ネズミの手術をした膝の痛みが再発ということですが、本人が「今でも脂肪の塊が引っかかる」と言うのは?
どうやら中学のときの手術後に見せられた除去物が、医者から「脂肪の塊」だと説明を受けたようです。
聞き間違いではなく本当に脂肪だとしたら、関節ネズミというより膝蓋下脂肪体の問題なのでしょう。この脂肪体はクッションの役割をしていますが、これを手術で取ってしまった? 
当時はレントゲンしかありません。したがって骨の欠落ならレントゲンで写るし除去したのを脂肪とは言わないでしょう。また、軟骨のネズミは写りませんから、ネズミというなら見込みで手術したのでしょう。
結果、確かに軟骨であれば「軟骨でした」と言えばいいのであって、「脂肪を取った」というのはおかしい。
憶測ですが、遊離軟骨があると見込んで手術したものの、何もなかったので、近くにある膝蓋下脂肪体を除去してしまったのではないか? 
もし脂肪を取ったのらなら、本人が言うように「今も脂肪が挟まる」というのは勘違いということになります。挟まっているはずの脂肪はとうの昔に取ってしまったのですから。
本当はどんな手術だったのか、今となっては確かめようもないでしょうが……。

それはともかく、今回のケースは当面、筋肉治療が主体となります。
レースも近いので、本人がどれだけ練習量をコントロールしながら焦らずに治療できるか、それもカギとなります。




 ↓読んだらこのバナーをクリックして、ランキングへの投票をお願いします。

人気ブログランキングへ 
★ひろた自然形体療法院 《新潟県阿賀野市小浮847》

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

プロフィール

ひろた自然形体療法院

Author:ひろた自然形体療法院
 
院長氏名:廣田正博
所在地:阿賀野市小浮847番地

その痛み、あきらめていませんか? どんな症状でも、原因を正しく治療すれば必ず改善します。
まずはお気軽にご相談を。

電話 0250-68-1400

★メールはこちらをクリック



ご予約はホームページから
   (特典あり)
  ☆こちらをクリック☆





⇒ブログのトップへ

カテゴリ
クリックして通販のページへ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR