大事な大会を前にシンスプリントの痛み(中学3年 女子 バスケットボール)

中学1年製の時に(オスグットではない)膝の痛みで来院したバスケットボール部女子。
遠方からお出ででしたが1回で痛みがなくなって以来、再発もしないとのこと。連れて来られたお父さんも感激され、その後も腰などに痛みが出ると何度かお子さんを連れていらっしゃいました。
その子も今年は3年生。部活の集大成として、万全の状態で大会に挑みたいところです。

ところが大事な大会を前に、シンスプリントの痛みが出始めました。
右足すねの内側、内くるぶしより7~10センチ上のあたり。強めに押すと痛みがあります。走ったり軽くジャンプした時に痛みが強く出ます。
シンスプリントの痛みは、脛骨の骨膜が筋肉に引っ張られて炎症を起こすとされていますが、これはどうも怪しいですね。
痛みの出る脛骨内側には付着する筋肉がないはずですから、筋肉の収縮で骨膜を引っ張るはずがないのです。
脛骨の内側の筋肉は、腓腹筋とヒラメ筋です。
腓腹筋は、大腿骨後面に付着し、下方に行くにしたがってアキレス腱となって踵に付着します。
ヒラメ筋は脛骨と腓骨の上部に付着しますが、すねの内側ではありません。この筋肉もアキレス腱となって踵に付着します。いずれもシンスプリントの部分には付着していません。
その他の足底や足指に関係した筋肉(前頚骨筋、長指屈筋、長母指屈筋、等)は、すねの外側に付着する筋肉です。
下記の写真は、当院の人体模型を撮影したものですが、すねの内側に付着する筋肉は色つけされていません。また、ネット上で検索しても、シンスプリントの部分に付着する筋肉はいくら探しても出てきません。
 
◎図を参照(右足)
 
下肢の骨2(シンスプリント)
 
ただネット上には、下記のような説明図もあったりするのですが、これはなんという名前の筋肉なのかは不明です。
 
No9_fig2.gif

また、シンスプリントとは別に、軽く触れただけでもピリピリする痛みが出ることがありますが、これは若い人には珍しく、高齢者などに多い痛みです。この場合の治療法はまったく別のものになります。

一般的にシンスプリントの対処法は、ウィキペディアにあるように長期の休養ということらしいです。
これは適切な治療法が確立されていないことの証明ですが、そもそも痛みの原因を根本的に間違えているのではないでしょうか。
シンスプリントを放置して、または我慢して運動を続けると疲労骨折につながるおそれがあると解説するサイトもあります。しかし下肢の疲労骨折が必ずしもシンスプリントを伴なうわけでもないことから、直接的な因果関係はないでしょう。それよりも、シンスプリントも疲労骨折も、オーバーワークが原因ということが根本にあると思います。

さて、今回の症例です。
上記で述べたことを元に、この痛みに対する治療法を考えると、純粋に筋肉治療でいいはずです。
(※この部分だけを読んで、患部へのマッサージはおやめください。悪化させる恐れがあります)
マッサージではない方法で周辺の筋肉の治療をしていきます。
シンスプリントの部分は圧痛があっても腫れていませんから、炎症ではなく剥離の痛みでしょう。これはまた別の方法で治療します。

最終的にジャンプしても痛みが出なくなりました。患者さんにもいつもの笑顔が戻ってきました。
ただ、これで実際にプレーして痛みがどの程度かはやってみないと分かりません。

翌日が試合だったので、夕方お父さんにSMS(ショートメール)で様子を聞いてみました。
すると、
「……お陰様で少し外部が痛むものの、ほぼベストな状態で良いプレーが出せました。ありがとうございました」との返事がありました。
良かった! 無事に試合が出来ましたね。
少し外部が痛いとありましたが、治療したシンスプリントは内側の痛みなので、シンスプリントそのものはまったく問題がなかったようです。
次の試合もベストな状態で挑めるといいですね。




 ↓読んだらこのバナーをクリックして、ランキングへの投票をお願いします。

人気ブログランキングへ 
★ひろた自然形体療法院 《新潟県阿賀野市小浮847》

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

オスグットが良くなったら次はシンスプリントに悩む高校球児。

4か月前に、右膝のオスグット(成長痛)で来院した高校球児(1年)。
「練習時間が長くて、なかなか通院できません。今後は自己療法で対応できればと思います」(父)
ということで、ひととおり治療後、自己療法とストレッチを指導して終了しました。
圧痛が無かったこともあり、それで大丈夫だろうとは思っていましたが、ちょっと気になっていました。

昨日、また父親から電話があり、
「膝は大丈夫ですが、今度は左足のすね内側が痛いらしくて…」と本日来院です。
膝は電話のとおり、あれからすぐに良くなったとのこと

さて今回は、左足すね下方の内側の痛み。2か月前から悪化し始め、今は歩いているだけでも痛いとか。圧痛もあるのでシンスプリント(脛骨過労性骨膜炎)と思われます。
当然のことながら、触診するまでもなく足全体に疲労が溜まり筋肉がガチガチに固くなっています。ストレッチをあまりやっていないのかな。
確認すると、なんと部活ではほとんどストレッチはやらないのだとか。自宅では「ストレッチをどうやればいいのか分かりません」
そういえば前回、「ストレッチは知っているものでいいから…」と、形でなく留意点だけを話したような気がします。今回は方法も教えないといけませんね

さて、痛みそのものの治療は、足全体の疲労をとることと、縮んだ筋肉の柔軟性を取り戻してやることが中心です。歩くときの痛みを途中で何度か確認しながら、最終的に「だいぶ良くなりました」と。
今回も、後は自己療法で様子をみたいということでしたが、今度は教えたストレッチをしっかりやりましょう



◎夕方、外出した帰りに進行方向の入道雲が綺麗だったので車から降りて撮影後、振り向いて戻ろうとしたら車が夕陽の逆光に映えていました。だからこっち。写メにしてはまあまあ。
SH3B0077-2.jpg


 最近、ベスト10入りをキープしています。ありがとうございます。
 ↓緑のバナーをクリックで投票していただけると嬉しいです

人気ブログランキングへ 

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

プロフィール

ひろた自然形体療法院

Author:ひろた自然形体療法院
 
院長氏名:廣田正博
所在地:阿賀野市小浮847番地

その痛み、あきらめていませんか? どんな症状でも、原因を正しく治療すれば必ず改善します。
まずはお気軽にご相談を。

電話 0250-68-1400

★メールはこちらをクリック



ご予約はホームページから
   (特典あり)
  ☆こちらをクリック☆





⇒ブログのトップへ

カテゴリ
クリックして通販のページへ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR