「二日酔いで気持ち悪い」←いいえ、違います。(40代 女性)

私の妻のことですが、今朝の朝食時のこと。
「なんか二日酔いみたい。気持ち悪いし、とにかく具合が悪い」と訴えてきました。
食欲も無く、横になるとめまいのような症状も出るとのこと。
二日酔いかもしれないと言いますが、たいして飲んでいないのはわかっているので、そんなはずはありません。だから時間が経てば良くなるということでもありません。

ここ数か月、フルに妻の治療をしていないので、かなり危険な状態ではないかと、うすうす感じてはいました。とうとう、ここで来ましたね。
ときどき体調が悪いと訴えるときは、就寝前等に治療はやってはいましたが、私も疲れているので、たっぷり時間をとって全身治療も出来ません。
今日の午前中は何も予定がないので、久しぶりにじっくり治療してあげましょう。

状態は予想どおりというか、それ以上悪い箇所もありました。
具合が悪いという症状の原因が全て身体に現れていました。だから、ここを治療すればたちまち元気になるに違いありません。
途中、妻のお腹がグーっとなるのを聞きながら、「うちの子が、先生の治療後はお腹がすくと、よく言うんですよ」という患者さんのお母さんの言葉を思い出します。

さて、治療後は予想通り、気持ち悪さ・ふらつき等の症状もすっかり消え、昼食もしっかり食べることが出来ました。
本人が思っている以上に疲労がたまっていたのですが、実は昨夜、私のトレーニングに付き合って、新潟市陸上競技場の一般開放(ナイター)で走ったんですね。
健康のために運動したつもりが、疲労に疲労を重ねた結果、逆に健康を害してしまった例です。実は世の中、このパターンが非常に多いのです。皆さんも気をつけてくださいね。

思い起こせば、長女の病気(当時小1、現在大4)をきっかけに故・山田先生と自然形体療法に出会い、(この技術を習得すれば、うちの家族は病院にいかなくても、自分が守れる!)と確信し、研修生になったのでした。
そのことを思い出しながら、(先生、そのとおりになっています)と、あらためて山田先生に感謝し、治療室においてある先生の写真に合掌。




   ↓読んだらこのバナーをクリックして、ランキングへの投票をお願いします。 人気ブログランキングへ  ★ひろた自然形体療法院 《新潟県阿賀野市小浮847》

吐き気の原因は様々。いつもの整腸剤でいいとは限らない。

吐き気といっても原因は様々であり、医師でも診断が難しいとされています。
食中毒や胃がん・虫垂炎など胃腸に関係するもの、肝炎やすい炎・胆石症・心筋梗塞など他の内臓に関係するもの、くも膜下出血や脳腫瘍・脳しんとう・ムチ打ちなど脳や首に関係するもの、他にメニエール病や車酔い・心因性のもの・アルコール等々です。
吐き気のほかにどういった症状が出ているかで診断しなければなりません。

◎60代 女性 自営業
2か月くらい前に下痢を伴う吐き気がありました。
最近また吐き気がして病院に行ったら整腸剤が出ました。他の症状と総合的に判断してのことで、重篤な危険はないということだったのでしょう。
ただ本人いわく、
「胃だと思っていたのに、整腸剤とは? 食欲もあるし……」と納得がいかない様子。
もしかすると、病院では分からない原因によるものかもしれません。
首を触診すると、吐き気や疲労感がでるときに特徴的な歪みがありました。
ここを調整してから様子と聞くと、
「何かまだスッキリしないような感じですけど……。ところで病院からもらった整腸剤は飲んでもいいのでしょうか?」
胃腸ではないでしょうが、ビフィズス菌などの整腸剤なら飲んでも悪いことはなさそうです。それ以外ならやてもいいかな。
念のため帰ってから薬名を連絡してもらうことにしました。

夜になって電話がありました。
薬名を聞こうとしたら、
「家に帰ってきたらスッキリしました だから薬を飲む気がしなくて(笑)」
おっ、良かったですね。

いずれにせよ吐き気はばかにできない症状ですから、もらった薬や診断に疑問があるときは病院や診療科を変えることも必要になります。ただし病院では分からない場合もありますから、並行して自然形体療法を受けることをお勧めします。

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

未明に頭痛と吐き気。学校はどうする?

今年のGWは豪雨に加え、最後に落雷や竜巻で死者まで出ました。昨年の震災で避難している人まで竜巻に巻き込まれたりして、本当にお気の毒としか言いようがありません。連休初めには関越道のバス事故もあったし、いつどこで災難にあうか分かりません。必要以上に神経質になることはありませんが、気をつけて行動しましょう。
寒暖の差も激しかったので体調を崩された方もいたでしょう。風邪などにもご注意です。

我が家でも、そんな気候の変化や連休中の部活動の疲れが重なったのでしょうか。子どもたちがちょっと体調を崩してしまいました。

今朝、布団の中で気持ち良く寝ていると、
「吐き気がして気持ち悪い。頭も痛い」と言って中3の次女が部屋に入ってきました。かなり辛そうです。
時間を見ると5時30分。寝ぼけまなこで頭の中を整理します。
吐き気といえば真っ先に首を疑いますが、その前に身体の歪みの検査です。こういう場合、《吐き気》を治そうとしてはいけません。身体のどこが悪いかを調べて、そこを正すようにすることが肝心です。
正座させて検査すると、なんと、背骨が右に左に大カーブではありませんか! 首を治療する前にまずここからです。続いて腰背部の筋肉。かなり張ってますね。続いて首の歪み。それでもまだ辛そうですが、焦ってはいけません。風邪気味もあるかもしれませんが、薬などもちろん必要ありません。
次第に症状が収まってきたようで、ときどき寝息を立てるようになりました。そのまま7時まで寝かせたら大分治まったようで、しっかり朝食をとって登校していきました。
夕方帰宅してから状態を聞いたら、少し頭痛が残っていたものの、部活動(ソフトテニス)も出来たということです。

今夜は少し肌寒いような感じですが、明日もいい天気なのかな。皆さまも体調管理にはお気をつけて



↓「人気ブログランキング」クリックの
  ご協力をお願いします。
人気ブログランキングへ ←1人1日1回のクリックが有効です。

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

プロフィール

ひろた自然形体療法院

Author:ひろた自然形体療法院
 
院長氏名:廣田正博
所在地:阿賀野市小浮847番地

その痛み、あきらめていませんか? どんな症状でも、原因を正しく治療すれば必ず改善します。
まずはお気軽にご相談を。

電話 0250-68-1400

★メールはこちらをクリック



ご予約はホームページから
   (特典あり)
  ☆こちらをクリック☆





⇒ブログのトップへ

カテゴリ
クリックして通販のページへ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR