温泉で転んですねを強打した。打撲の場合の治療。

小学校5年生の男の子。昨日、家族で温泉に行ったときに浴室で足を滑らせてすねを強打。聞いただけでも痛そうですが、打撲で済んだのは幸いですね。
以前、通院していたおばあちゃんが、少しでも楽になればと連れてきました。

すねの真ん中辺に見事な青あざをつくっていました。ちょっと触れても「痛い!」と顔をしかめます。
マザーキャット(MC)での治療を中心に、徐々に痛みを取っていきます。強く押すと痛みはまだ残るものの、一番痛かった辺りをMCでコロコロやっても痛くなくなりました。
ここまでくれば、明日の朝起きたときにはかなり軽くなっているはずです。

他に、成長痛といわれた踵の痛みがときどきあるということだったので、よく説明して治療しておきました。成長痛だから仕方ない、というのは全くの誤りなんですがなかなか正しい知識は浸透しませんね。

おばあちゃんの心配も少しは楽になったかな(笑)


↓「人気ブログランキング」クリックの
  ご協力をお願いします。
人気ブログランキングへ ←1人1日1回のクリックが有効です。

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

プロフィール

ひろた自然形体療法院

Author:ひろた自然形体療法院
 
院長氏名:廣田正博
所在地:阿賀野市小浮847番地

その痛み、あきらめていませんか? どんな症状でも、原因を正しく治療すれば必ず改善します。
まずはお気軽にご相談を。

電話 0250-68-1400

★メールはこちらをクリック



ご予約はホームページから
   (特典あり)
  ☆こちらをクリック☆





⇒ブログのトップへ

カテゴリ
クリックして通販のページへ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR