人工透析患者さん「身体が温かい」

糖尿病の合併症で、10年前から人工透析をしている60代の男性。
奥さまから「最近、手のしびれと箸も落としてしまうほど動きもおかしくて、どうにかなるでしょうか?」と相談を受けました。
何が原因で痺れが来ているのかは、診断してみないと分かりません。
1週間前に初診。
全体的に身体の動きが非常に鈍く、手の痺れだけの問題ではないようです。
施術後は「楽になった」と喜んで帰られました。
動きも明らかにスムーズになっていました。

2回目の今日、前回の治療後のことを聞いてみると、当日と翌日は身体も軽く、痺れも感じなかったそうです。
痺れは全身の筋肉の強張りと血行不良のせいです。

今日も施術の後半で、「手足と背中が、すごく温かいです。背中だけ夏のようです
もちろん、これは血行が良くなったからなのですが、逆に言えば今までが相当悪かったということ。

人工透析は今後も続けるしかありませんが、自然形体の施術で改善されるところは改善して、少しでも快適な生活を送ってもらいたいものです。



12月1日の雪景色から。
阿賀野川から五泉市方面を望む。
20121202雪景色 095




 ↓緑のバナーをクリックで投票していただけると嬉しいです

人気ブログランキングへ 

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

1型糖尿病患者、施術ペースを戻します。

何度か報告している1型糖尿病患者さんです。
1月24日から、本人の希望で週1回に減らして施術してきましたが、その後日々の血糖値がどんどん悪化して行きました。HbA1C値も1月の5.3%から2月は5.6%に後退です。まだ正常範囲とはいえ、施術開始後はじめて数値が悪化しました。
それよりも日々の数値が悪化しています。特に朝食前はずっと90前後で安定していたのに、この2か月で130~150になりました。本人は「数値の悪化は、食事と運動のバランスが悪いせいで、理由ははっきりしている」とのことでしたので、こちらも静観していました。しかし、その後気をつけているのでしょうけれども、一向に改善してきません。おそらく3月のHbA1C値は正常範囲に留まらないでしょう。

そこで本人と話し合って、当分の間、施術ペースをまた週2回に戻すことにしました。数値が安定していた頃の環境になるべく近づけてどうなるか検証が必要です。
なんとかまた、改善してほしいですね。


↓「人気ブログランキング」クリックの
  ご協力をお願いします。
人気ブログランキングへ ←1人1日1回のクリックが有効です。

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

1型糖尿病患者、数値は順調に回復しています。

何度か報告している1型糖尿病の方です。
1月の病院の検査で、HbA1Cの値が12月の5.6%からさらに下がって、5.3%となりました(基準値は4.3-5.8%)。インスリン注射による治療では、この数値を6.5以下に維持することが望ましいとされています。
特にβ細胞が死滅して、身体の中でインスリンが全く生成されないとされている1型糖尿病で、インスリン量を減らしながら数値がここまで下がったというのはこれだけでも奇跡かもしれません。

インスリン注射は、毎回血糖値を計ってから1日4回行っています。できれば患者さんに協力してもらって、朝の注射をときどき休んで欲しいのです。朝はほぼ90前後の血糖値なので、朝の注射を休んでみたら食後2時間の数値がどうなるかとか、次の昼食前の数値にどう影響するのかとか、それが分かれば、今どれだけの分を注射に頼っているか推測できると思っているのです。1回注射を休んで昼食前の数値が高くなったとしても、一日のうち数時間だけ血糖値が高いだけなら、合併症の心配はいらないはずです。数値が上がるようなら、無理しないで注射を再開すればいいのですから。
しかしこの患者さん、いろいろ話してみると実は自然形体療法そのものに懐疑的な様子です。「インスリンを1回でも休むことは絶対に出来ない」というのであれば仕方ありません。藁にもすがる思いで施術を受けているのでしょうから、私も藁のうちは無理を言いません

高血糖の状態が何年も続くと合併症を起こすとされています。しかし海外の研究報告では、1型糖尿病患者で50年以上の生存した人のうち、血糖値をコントロールしない状態でも35%が合併症を発症しなかったということです。もしかしたら、血糖値が高い→ドロドロ血が血管を傷つける→合併症発症というメカニズムだけではないのかもしれません。

先週から週2回の施術を1回に減らしました。経過はまた随時お知らせします。



先日の氷柱のつづきです。
つらら 02



↓「人気ブログランキング」クリックの
  ご協力をお願いします。
人気ブログランキングへ ←1人1日1回のクリックが有効です。

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

糖尿病患者、改善しています。(途中経過)

先月報告した1型糖尿病の方の続報です。今月の定期検診の結果などを報告します。
血糖値は前回報告時から一時期不安定になったこともありましたが、また落ち着いてきました。本当は今月の検診結果でインスリンの量をさらに減らせるかと思ったのですが、病院の指示は現状維持でした(3単位)。ただし、「いずれ2単位に減らすこともありえます」という説明だったそうです。やはり経過が良好だからですね。
糖尿病の判定としては空腹時血糖値が一般的ですが、これは食事や体調によって影響を受けやすいのです。最近では、HbA1C(ヘモグロビン エーワン シー)が注目されています。これは過去1,2ヶ月の血糖値の変動の平均を表していて、糖尿病治療には、 この値を下げることを目標とするほうがよいとされています。
このHbA1Cは、基準値が4.3~5.8とされています。現在、当院で治療されている患者さんのインスリン注射開始時点が8.6(かなり危険な状態)でした。それが今回の検査では、5.6まで下がりました。もちろん、インスリン注射の効果でもありますが、インスリンを作る細胞が死滅してしまったとされる1型糖尿病で、インスリン注射の量を減らしながらでも数値が改善しています。
このまま、良い結果が続くことを期待しています。


↓「人気ブログランキング」クリックの
  ご協力をお願いします。
人気ブログランキングへ ←1人1日1回のクリックが有効です。

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

糖尿病(1型)の施術経過。極めて順調です。

糖尿病は主に1型と2型がありますが、90%は2型で「生活習慣が悪くて…」と言われるのがこのタイプです。すい臓でインスリンを作る能力が低下して血糖値があがります。1型は、インスリンをつくるβ細胞が死滅したとされていて、短期間で悪化します。インスリン注射も常に必要とされ、改善しないと言われています。


◎半年前に要注意と言われ、あっと言う間にインスリン注射をするはめに (60代 女性)

《発症~来院まで》
春先に背中が痛いことがあり、検査をしたら血糖値が異常に上がっているから食事療法で様子を見ていた。8月の検査では「1型糖尿病で、治る見込みは無いからすぐインスリン注射を始めます」と言われた。
1日4回、食事前に血糖値を測り、4単位すつインスリン注射をすることになった。
まだ余生も長いし、一日4回も注射では気が滅入るし、何もする気が起きない。「ワラにもすがる思いで」来院。

《施術と経過》
自然形体療法でも、糖尿病患者が腰痛や肩こりで来院することはあっても、糖尿病治療が目的の方は非常に症例が少ないです。合併症を起こさない限り、血糖値が高いだけでは痛みもないなど、無症状の場合が多いのです。そのため施術効果がすぐに分からないのも、症例が少ない原因かもしれません。もちろん、もっと大きな理由は「糖尿病は治らない」と思っていることです。

9月初旬からインスリン注射を開始してますが、その後も血糖値は200前後からときどき300を越えることもありました。
9月下旬から施術開始です。ただし、インスリン注射をしてしまっては回復しない、というのが自然形体療法の基本的な考えです。外部から助けてやると、本来の機能がさらに衰えるためです。しかし、インスリン注射をしながらでも、回復する可能性はゼロではないはずと私は考えています。それで本当に回復したら凄いことですけど。

というわけで、最初は週1回を勧めましたが、本人から週2回という希望でしたので、そのペースで施術しています。
春先に背中が痛かったということですが、ちょうどすい臓の真後ろあたりの背骨が極端に歪んでいました。この歪みが内臓(すい臓など)に与える影響は少なくありません。おそらくこの歪みのせいですい臓の機能が低下したと考えられます。
ということは、ここを直してやればいいわけですね。すい臓自体無くなったわけでもないし、他の機能はしっかりしている。ということは、細胞レベルであれば、死滅したと言われているβ細胞が再生するのはありえる話です。

先月下旬の定期検診で、早速動きがありました。順調に血糖値が下がっているので、薬剤を4単位から3単位に減らしても良いという病院の指示が出ました。当院でもエクセルに入力して数値を見守っていますが、確かに波はあるものの、確実に数値が下がり安定に向かっています。ちょうど施術1か月後です。

そして本日の様子ですが、昨日から正常値の範囲に収まらないのは夕食前のみ。このまま安定すれば、来月の定期検診で驚くべき結果が出そうです。
まだまだ安心はできませんが、確実に血糖値が下がっているという事実が示す意味は? 次回こうご期待!


↓「人気ブログランキング」クリックの
  ご協力をお願いします。
人気ブログランキングへ ←1人1日1回のクリックが有効です。

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

プロフィール

ひろた自然形体療法院

Author:ひろた自然形体療法院
 
院長氏名:廣田正博
所在地:阿賀野市小浮847番地

その痛み、あきらめていませんか? どんな症状でも、原因を正しく治療すれば必ず改善します。
まずはお気軽にご相談を。

電話 0250-68-1400

★メールはこちらをクリック



ご予約はホームページから
   (特典あり)
  ☆こちらをクリック☆





⇒ブログのトップへ

カテゴリ
クリックして通販のページへ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR