ガンに関する週刊誌の記事を読んで。

週刊文春3月29日号に興味深い記事が載っていました。
『医者には診せない 苦しまずに死ねる 自然な最期』という見出しで、ジャーナリストの塩田芳享さんが書いています。ベストセラー『大往生したければ医療とかかわるな(幻冬舎 中村 仁一 著)』の解説を中心に、今までの常識では思いもよらなかった新しい選択肢を提示しています。

まさしく、我が意を得たり! という感じです(正確には我が意でなく、自然形体療法の意ですが)。正確には概ね正解! ですが(笑)
記事の内容を紹介しながら自然形体療法の考え方も併せて紹介します。

さて、まず『大往生したければ……』で紹介されている実話を紹介します。それは、

老人ホーム「同和園」に入所している高齢者のうち、ガンに罹った52人全員が、一切病院の治療を受けなかったにもかかわらず、痛みが全くないまま安らかな死を迎えることができた。

ということです。

今までの常識では、「ガンは痛い病気」であり、「治療しないと、末期ガンの最期は地獄の苦しみを味わう」、とされてきました。だから高齢者であって、本人も家族も、いつ死んでもいいと思っているのだけれど、ガン治療を行わなかったら最期は苦しむから、病院で治療したり最後は麻薬で痛みを紛らわせる、といいうことが当たり前のように行われてきました。

ところが、「同和園」では本人とその家族の希望によりガン治療を一切行わず〝放置〟したにもかかわらず、例外なく痛まず、安らかな自然死を迎えられているのです。

これはどういうことか? という疑問を持つまでもなく、自然形体では数年前から「ガンは痛くない」と言い続けてきました。もちろん、山田先生の教えです。「ガン細胞自体は痛みを発しない」ということですね。
もし、ガンそのものが痛ければ、初期のうちに自覚症状があるでしょうから、発見が遅れることはないはずです。逆に言えば、痛みが無いから発見が遅れるのです。
もちろん、ガンにかかって全く痛みが無いわけではありません。矛盾しているようですが、この場合の痛みとは、ガン細胞以外の痛みです。ガンが大きくなって正常な組織を圧迫したりして正常な部分が痛みを覚えます。あるいは内臓のガンであれば、内臓の機能を損ねたりすることで自覚症状が出てきます。
最終的には、ガンに邪魔をされたために生きる機能が阻害されて死に至ります。言ってみれば衰弱死ですね。

このガン以外の痛みの実例も記事で紹介されています。
99歳の女性が首にしこりができました。これはどこからか転位してきたガンと診断されました。しこりが大きくなって痛みが出てきましたが、冷却シートでその痛みは治まったそうです。ガンの痛みが冷却シートで治るはずもなく、これはしこりが急速に大きくなったために皮膚が引っ張られて起きた痛みと診断されました。

私の身近な例でも、末期のすい臓ガン患者の腰痛が、通常の腰痛治療で痛みがなくなったことがあります。呼吸困難な状態になったのに、施術で一瞬にして元気モリモリになった例があります。今まではガンのせいだと思われてきた痛み・苦しみが、実は痛みそれぞれに個別の理由があるという一例です。

文春の記事では、最後に「なぜ痛みが無いのか? これは人間が本来持っている自然緩和力(脳内麻薬等)のせいではないか」と解説しています。
う~ん、惜しい(笑) まだ分かっていませんね。ガンそのものが痛いと考えているからそういう結論になります。

ガンになったのに気がつかず、やっと手術で開腹してみたら、手の施しようのないほどガンが転移・増殖していて、余命1か月と診断された。などという例はよく聞きます。しつこいようですが、ガンが痛かったらもっと早い段階で苦しむことでしょう。ガンは痛くないから、放っておいたら発見が遅れる、これが真実です。

たとえ僅かであっても生きる可能性にかけるのであれば、病院でガン治療を受けることは否定しませんし、ある意味、当然のことでしょう。自然形体療法で確実にガンを退治できるとはまだ言い切れませんから(理論的には可能と思いますが、臨床例が少なすぎます)。

こんなことを言っておいて、もし自分がこの歳でガンになったら? これは非常に難しい問題ですね。初期の胃ガン程度なら手術するかもしれません。手っ取り早いし。
でもかなり進行していたり、手術できないところにガンが見つかったら? 
このときは抗がん剤や放射線治療などは拒否するでしょう。まず自然形体療法にかけてみて、それが間に合わなかったとしても、苦しまない安らかな死を選択します。ぎりぎりまで、そこそこ元気で(笑)いたほうが、残される家族にどれだけ愛情を注いでやれることか! 看病してもらったり心配かけたりするより、自分が動けるうちに色んなことをしてあげる方が本望ですね



↓「人気ブログランキング」クリックの
  ご協力をお願いします。
人気ブログランキングへ ←1人1日1回のクリックが有効です。

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

ガンに関する基本的な考え方

ついに?《ガン》をテーマにしますが、《自然形体療法でガンも解消!》ということではありません。もちろん、可能性はありますが、例えば末期ガン患者が「他の治療は一切やめて自然形体療法に全てを掛けます!」という例がないので、実証できていません。
現在、ガン患者(手術済)が2名ほど通院されていますので、その関わりの中からガンについてこれから少しずつ述べていこうと思います。その第一回です。

◎症例1 50代 男性 会社員
喉頭ガン摘出の手術後、首の腫れ改善と再発防止のため3年前から通院中。あご~首にかけて固く腫れあがってしまったので、退院後しばらくは週3回の通院。現在は月に1回のペース。
再発防止のため、病院では抗ガン剤の服用も予定されていたが、回復が順調なことから回避されている。

◎症例2 70代 女性 
本日初診。腹部2か所のガンを2度に分けて摘出。その後再発防止に抗ガン剤を服用し始めたが、とても辛い副作用に悩まされる。できれば飲まないようにしたいのだが、という相談も兼ねて来院した。今あるガンをなくそうという話ではないので、しばらく月2回程度の通院を計画している。

《ガンについて・基本的な考え方》
◎ガン細胞と免疫
健康な人でも、一日に5000個(一説には100万個)のガン細胞が出来ています。それでも全員ガンにならないのは、免疫細胞(リンパ球)がガン細胞を退治しているからです。何らかの要因で免疫力が低下すると、退治しきれなかったガン細胞がどんどん増殖していくことになります。
◎最も理想的なガン治療とは
このブログの他の記事をよく読んでいる方なら、もう私の言いたいことは分かりますね(笑)
そう、ガンといえども、身体を健康にして免疫力を正常に戻せばいいことですね(理想的には)。
ただ、一定以上増殖してしまったガン細胞のさらなる増殖スピードに、回復した免疫力が追いつくのかどうかは分かりません。自然形体療法は細胞を活性化させますが、一時的にガン細胞も活性化させる可能性もあります。
◎ガンは痛くない
多くの方が勘違いされていますが、ガンは苦しい、痛いというイメージがあります。もちろん、そういった状況になってしまうのですが、ガン細胞そのものは痛くもないし、毒素を出すわけでもないのです。
もしガンが痛かったら、初期の頃から痛み始めるのですぐ不調に気がつきます。したがって発見が遅れて手遅れに、ということは無くなるはずです。ガンは痛くないから発見が遅れるのです。増殖が進み、大きくなってくると正常な組織や内臓を圧迫した痛みがでたり、近くの臓器の働きが悪くなったための不調とそれからくる諸症状の痛みに苦しみます。この場合でも、ガンそのものは痛みを出していません。

ガン治療に自然形体療法がどこまで効果があるかは分かりませんが、すくなくとも、手術後の再発予防には有効だと思います。免疫が低下してガンになった訳ですから、これを正常に戻さずにいることは大変怖いことです。免疫力を高める方法として、身体の歪みを正し、筋肉の緊張を解消して血行を促進し、自律神経を正常にします。その結果、内臓も活性化し《健康》な状態を取り戻します。



↓「人気ブログランキング」クリックの
  ご協力をお願いします。
人気ブログランキングへ ←1人1日1回のクリックが有効です。

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

プロフィール

ひろた自然形体療法院

Author:ひろた自然形体療法院
 
院長氏名:廣田正博
所在地:阿賀野市小浮847番地

その痛み、あきらめていませんか? どんな症状でも、原因を正しく治療すれば必ず改善します。
まずはお気軽にご相談を。

電話 0250-68-1400

★メールはこちらをクリック



ご予約はホームページから
   (特典あり)
  ☆こちらをクリック☆





⇒ブログのトップへ

カテゴリ
クリックして通販のページへ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR