「すごく力が入ります!」リウマチ患者の握力(50代 女性)

3年前からリウマチ治療で月に2回ほど通院している方。
最近は足首・膝・指の痛みはほとんどなく、仕事で無理をすると両手首が腫れぼったくなったりこわばったりする感じです。
数値的にもcrpは正常値になり、薬の量もかなり減りました。本当はきっぱり止めれば良いのですが、リバウンドが恐いこともあって飲んだり飲まなかったりしてコントロールしています。

ただ、手首は変形していることもあって可動域は少ないです。指も痛みはありませんがときどき握りづらくなります。
今年に入って、ある首の治療法が指の動きに影響することが分かり、治療の仕上げに座位で調整していました。その後、もっと良い治療法はないかと考えていましたが、研修生の頃に先輩方が練習していた治療法を思い出しました。
「すごく力が入ります! 今までとぜんぜん違う。もう全く普通の感じで握れます」
と驚いて声を上げました。スムーズかつしっかり握れると。
病院の定期検診時の握力検査では(リウマチ専門の握力計で)180くらいの数値だそうですが、次回検診前にこの治療をしたらどれくらいの数値が出るのでしょうか。今から楽しみです。




   ↓読んだらこのバナーをクリックして、ランキングへの投票をお願いします。 人気ブログランキングへ  ★ひろた自然形体療法院 《新潟県阿賀野市小浮847》

リウマチの薬を完全にやめました(30代 女性)

3年前の出産後、全身が痛くなりました。整体に通い、ひざの痛み以外は取れました。
そのうち膝(両膝)も良くなるだろうと思って過ごしてきましたが、7か月前に悪化。
右手の親指も腫れたので整形外科で検査をすると、初期のリウマチと診断されました。
リウマチの薬を4~5か月服用します。

その後、別の開業医(リウマチ科)に受診。
本人はなるべく薬を飲みたくないので相談すると、「減ることはない。もっと増やさないと」と言われます。
1か月前からは両足の土踏まずも痛くなってきました。他に手指のこわばりがあります。

初回の治療で膝と土踏まずの痛みがずいぶん軽くなりました。
土踏まずの自己療法を指導しました。

半月後に2回めの治療。
一週間前から膝の痛みが軽くなってきたそうです。
土踏まずはまた痛くなっています。指のこわばりはなくなりました。
この週から薬の服用をやめたといいます。
血液検査だけ定期的にできるといいですね、とアドバイスしましたが、病院が納得するかは不明。

20日後に3回目の治療。
今回は土踏まずと手指は大丈夫、膝だけが痛いそうです。
特に屈伸する際の途中が悪いといいます。
仰向けで膝をお腹につけるように深く曲げたときも痛かったのですが、これは解消。
なお前回の後、処方してもらった薬を飲んだふりをするのは心苦しいので、はっきりと医師に薬を飲まないことを告げ、検査だけお願いしたそうです。
しかし、「薬を出していないのだから、検査は意味が無い」と冷たい反応。
「血液検査の結果も気になるけど、症状がなくなればそれでいいかな」とご本人。
素晴らしい覚悟と判断ですね。
リウマチの痛みの原因は、リウマチ因子のせいではないのです。
私の治療で瞬間的に血液の成分が変わるはずないのに、その場で痛みが取れるのがその証拠ですね。
痛みの反応として(身体が自ら治そうとして?)血液の成分に変化が出るのでしょう。
だから痛みをなくしてやれば自然と血液の成分も正常値になっていきます。

今後も月に2回くらいのペースで治療を続けす。多少の波はあっても、徐々に回復していくことでしょう。




 ↓読んだらこのバナーをクリックして、ランキングへの投票をお願いします。

人気ブログランキングへ 
★ひろた自然形体療法院 《新潟県阿賀野市小浮847》

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

tag : リウマチ

久しぶりに左手首がズキズキ痛む(リウマチ、50代 女性)

月2回のペースで通院されているリウマチの方。
両方の手首は可動はかなり少なくなって(固まって)いるものの、最近は痛みを感じていませんでした。
しかし、久しぶりに二日前から急に痛みだし、その日は午前3時まで眠れなかったとか。
「今、こうしていても手首~肘までズキズキします」

リウマチの方の関節の痛みは、けっして特殊なものではありません。医者が言うように、「リウマチ因子がいたずらする」訳ではありません。
誰にでも起こりうることが原因となっています。
ただ、普通の人よりちょっとしたことで痛みが出やすいのです。

今回の場合も、リウマチだからという特別な治療がある訳ではありません。
どんな痛みなのかを良く聞き、原因に合った治療をすれば良いのです。
しかし、非常にデリケートな治療になりますので、慎重に行います。

10分~15分くらい治療して、痛みの様子を聞くと「大丈夫」とのこと。
もし血液中のリウマチ因子が痛みの直接原因なら、わずか十数分の手技治療で痛みがなくなるはずがありませんね。
血液成分は変えていませんから。
また痛みが出たらすぐに言ってください、と告げて他の部位の治療に移ります

通常の治療時間が終わり、様子を確認すると、
「こちらへ来るまでの痛みがウソのようです(笑)」
表情も明るくなりました。楽になって良かったですね。


看板 008
以前から古い広告看板が気になっていました。
それも大メーカーのものがいいですね。昭和を感じます(笑)
今回も主役は紅葉ではなく、錆びたYKKの看板です。




 ↓読んだらこのバナーをクリックして、ランキングへの投票をお願いします。

人気ブログランキングへ 
★ひろた自然形体療法院 《新潟県阿賀野市小浮847》

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

立つと痛い足首のリウマチ(50代 女性)

リウマチで通院中の方。
手の指(両方)を握るときの痛みはすぐに改善しましたが、左足首の腫れと痛みが少々長引いています。腫れは少なくなってきたものの、朝起きてからとか、じっとしていてからとか、歩きだす数歩が痛いと言います。それでも、以前は10分くらい痛みがあったのに、今は数歩ですからずいぶん改善しました。
土踏まず専門の自己療法用具も大活躍です。

ところが、久しぶりに足をつくと痛いそうです。歩いているときもずっと痛いので、いつもより腫れも大きくなっています。腫れと言うより水が溜まっている感じですが。
足首関節にゆとりを持たせようと、いつものとおり牽引すると「痛い!」と足がピクっと動きました。
動きを確認すると、足首を底屈するときに痛みが出ます。これは動作時の関節のずれ。すぐに解消。

これで歩行時の痛みも改善するかと思い立ってもらうと、立って体重を乗せた段階で痛みが出ます。
これは踝(くるぶし)の動きが原因ですね。
むだな動きを調整するとあら不思議、
「あ、全然痛く無くなりました!」
これは薬では絶対に治らない痛みです。でも、病院ではこれもみんなリウマチの痛みとして処理されているんでしょう。
もちろん、リウマチの人に起こりやすいことも事実ですが。
あとは手首の可動をよくしましょうね。これは少々時間がかかりますのであせらずに。



2014稲刈りと花 006
定番の花と蝶です(笑)
でもこの蝶、実は羽がボロボロなんです。もっと傷んでいるのがよく分かる写真もありますが、蝶もあまり掲載されたくないと思うのでこの角度から想像してください。
最後の最後まで頑張っているんですね。



 ↓読んだらこのバナーをクリックして、ランキングへの投票をお願いします。

人気ブログランキングへ 
★ひろた自然形体療法院 《新潟県阿賀野市小浮847》

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

20年前、30代でリウマチ発症。指・膝・腰の痛み(50代女性)

スーパーのレジ、今はバーコードを「ピッ ピッ」でOKですが、昔は電卓のようにキーを打ちこんでいました。
やったことはありませんが、指とかには相当な負担であっただろうと推察できます。

おそらくその疲労からでしょう。若くしてリウマチを発症してしまいました。
そうなると、手の指や手首だけではなく、膝や足指、足首などにも症状が出てきます。全身疲労のせいです。

手指は変形こそしていませんが、曲げると痛みがあります。膝は1年半前から水が溜まるようになりました。
足指は外反母趾。それとは別に、立って足の内側に体重をかけると痛みが出るので、常に外側に体重をかけて歩かなければなりません。他に左足首の腫れや腰痛。

初回は様子を探りながら、最小限の治療。
手指は動作法で痛みが無くなりました。

2回目は12日後。ずっとスーパーにお勤めですがかなり忙しいようです。
「前回の後、おしっこに何度も行ったのですが、お陰でむくみがとれて楽になりました」
手の左指は、人差し指と薬指が曲げて痛かったのが、薬指だけになりました。膝・腰の痛みはなし。
立ったときの足の痛みは前回治療していませんでしたが、施術後は
「楽に立てます!」

医師は「リウマチ因子がいたずらをするから痛みが出る」という説明をする場合があるようです。
本当にそうでしょうか?
この方も、指や足の痛みについてそんなことを口にしていました。本当は違うんですね。医師にそう思い込まされているのです。
「リウマチの痛みって、筋肉の痛みだったり関節のずれだったり、個別の原因があるんです。もし血液中のリウマチ因子が痛みの原因なら、私の治療で瞬間的に痛みは取れません。私が触ったからといって、瞬間的に血液中の成分が変化するはずないのですから」
そういうと、一瞬不思議そうにしていた様子でしたが、すぐに納得されました。

難病と言われるリウマチは、薬では治りません。しかも副作用の心配もあります。
安心・安全は自然形体療法で健康を取り戻しましょう。



庭の花20140513 015
雨上がりの水滴が綺麗ですね。




 ↓読んだらこのバナーをクリックして、ランキングへの投票をお願いします。

人気ブログランキングへ 
★ひろた自然形体療法院 《新潟県阿賀野市小浮847》
プロフィール

ひろた自然形体療法院

Author:ひろた自然形体療法院
 
院長氏名:廣田正博
所在地:阿賀野市小浮847番地

その痛み、あきらめていませんか? どんな症状でも、原因を正しく治療すれば必ず改善します。
まずはお気軽にご相談を。

電話 0250-68-1400

★メールはこちらをクリック



ご予約はホームページから
   (特典あり)
  ☆こちらをクリック☆





⇒ブログのトップへ

カテゴリ
クリックして通販のページへ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR