腰が伸ばせないのはどこが原因? 脊柱管狭窄症(60代 女性)

今年は病院で脊柱管狭窄症と診断された方が例年より多く来院されています。
脊髄神経の通っている脊柱管が何らかの原因で狭くなり、神経を圧迫することによって下肢に痛みやしびれがでます。
特徴的なのが間欠跛行(かんけつはこう)で、数十メートル以上、または数分間以上歩くと次第に痛みやしびれが出始め、少し休むと症状が軽くなってまた歩けるようになります。
脊柱管が狭窄(狭くなる)する原因は様々ですが、脊柱管とは無関係でも病院で脊柱管狭窄症と診断されることも多いうえに、症状の出方も人それぞれです。
治療に当たっては何が原因かを早めにつきとめることが大事です。

◎昼と夜で別の仕事を頑張る60代女性
当院へ来る一か月前にレントゲンで脊柱管狭窄症と診断されました。
歩行時、両足の腿の裏側が痛いので、つい前かがみになります。(腰が伸ばせない)
立ったり座ったりでも痛みがあります。仰向けでは楽だけれども、姿勢を変えるときに腰と尻が痛いといいます。

立った状態で腰が伸ばせないということでしたが、治療ベッドに腰掛けた状態では腰を反らせても大丈夫でした。
朝、起きた時が一番つらいということも考えると、椎間板の潰れやヘルニアではなさそうです。
ところが身体を触ってみてビックリ! 腰背部から骨盤周辺がガチガチに固くなっていました。
立って腰が伸びないのは、神経圧迫ではなくて筋肉が原因ですね。
治療中から「足が温かくなってきました」と言っていましたが、初回でかなり楽になりました。

その後週一で通院され、最初の一か月は
・朝は相変わらず悪い。
・いい日と悪い日がある。
・しゃがんだり歩いたりするのが辛い。
・しかし、全体的にはかなり改善している。
という状態でした。
2か月目に入って5回目の治療前、「急にすごく良くなってきました。朝も楽です」と嬉しそうに話してくれました。
前回終了時は今ひとつの感じだったので、私も安心しました。もう少し頑張って通院しましょうね。




 ↓読んだらこのバナーをクリックして、ランキングへの投票をお願いします。

人気ブログランキングへ 
★ひろた自然形体療法院 《新潟県阿賀野市小浮847》

MRI検査による脊柱管狭窄症という診断。

一年前から左臀部~大腿部裏側の痺れと痛みに悩む40代男性。MRI検査で脊柱管狭窄症と診断されました。
なかなか改善しないので10日ほど前に来院して今日が5回目の治療です。

初回こそ、確かに脊柱管狭窄症に似た症状があったので、それに対応した施術をしました。
ただ、2回目のときにどうも違うようだという感じを受けました。椎間板の捻じれや潰れを改善する方法よりも、筋肉治療の方が効果が大きいことが分かりました。どうも筋肉の緊張や劣化が原因のようです。
自己療法も椎間板を狙ったものからストレッチの要素が強いものに変更です。

ところが、
「GW中も調子が良かったので、昨日久しぶりにスイミングスクールに行ったんですが、今日は悪かったです
とのこと。途中で違和感を覚えたものの、スイミングのプログラムを断れなかったそうです。
そんな状態での治療ですが、やはり筋肉治療だけで症状が消えていきます。
身体全体も緊張の強い部分がたくさんありますから、大分前から疲労が蓄積していたんですね。

来週から県外へ長期出張。
「少しでも良くして行きたい」と、今週は連続して予約をとっていかれました。
私も頑張りますよ



 ↓緑のバナーをクリックで投票していただけると嬉しいです

人気ブログランキングへ 

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

激痛の腰部脊柱管狭窄症。患者さんに笑顔が戻ってきた!

激痛で苦しんでいる患者さんを治療するのはこちらも緊張します。もちろん雑談をする余裕などお互いにありません。でも痛みが和らいできて、患者さん自身に回復の希望が見えてくると、治療室の空気も和んできます。私も嬉しいし、ほっとする瞬間です。

四六時中、右足のしびれと痛みに悩まされる(70代 女性)
1月頃から症状が出始め、先月末ごろから急激に悪化。右ふくらはぎ~足首にかけてが最も症状が強く、「足が腐ったリンゴのよう」。脊柱管狭窄症という病院の診断。

施術と結果
今日で3回目。初回は施術中、軽くはなっても痛みがなくなることはありませんでした。施術後に起きてベッドに腰をかけた瞬間に激痛がもどりました。
「しばらくは痛みますが、徐々に回復しますからね。」と励ますのが精いっぱいです。娘さんの送迎で、週2回のペースで通院することに。
2回目は初回に出来なかった施術ができるようになり、自己療法もする余裕が出てきました。でも施術後、起きてもらうとすぐに激痛です。

今日は、施術前に家での様子を聞いてみると、
「朝起きたときの激痛が、少し和らいできました」 (お、いい感じです)
施術していると、初めて痛みとしびれが全く無くなりました。途中で寝息を立てていましたから、気持ちもリラックスしたようです。
「今日は気持ちが良くて、ここでしばらく寝ていきたいわ」 (寝れたらいいのにね) 
天気の話など少し雑談する余裕もでてきました。
施術後、ベッドに腰をかけてもらうと
「あ、いつもはすぐ痛くなるのに、今日はジワ~とくる感じです」 (確実に快方に向かってます
まだシャキッとしては歩けませんが、希望の光が差してきましたね。もう少しの辛抱ですよ


脊柱管狭窄症とひと口に行っても、狭窄(狭くなる)原因はいくつかあります。この方の場合は、椎間板のひどい潰れによる坐骨神経の圧迫です。でも大丈夫。歳を撮っていても新陳代謝は必ずあるのですから、ただしく身体を導いてやれば必ず回復します。



 ↓緑のバナーをクリックで投票していただけると嬉しいです

人気ブログランキングへ

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

袋小路に入り込んでいた症例が劇的に改善!

両足の痛みで一年半前から通院している50代男性の方。当初は「何をしていても痛い」状態でしたが、椎間板の潰れが主な原因と判断して治療し、順調に回復していました。しかし立位で反ったときの痛みがどうしても改善しません。数か月がたち、椎間板の潰れであればとっくに回復しているはずという時期に来ても、反ったときの痛みだけが今一つ。
動作転位でもないし、歪みを治しても大きな変化がありません。山田先生に電話質問すると「坐骨付近の癒着」という回答をいただきましたが、これも効果がでません。
普通ならこのへんで患者さんの方があきらめて通院しなくなるところですが、治療間隔が開くとやはり悪化するというので、その後も試行錯誤しながら二週間に一度の施術を継続していました。病院では脊柱管狭窄症だから悪化したら手術、という診断。

山田先生の電話質問で成果が出ないのは、患者さんの状態を完全に伝えられないことが原因です。また、通常の施術を正確にやってもダメだったという前提で指示を出していただけるのですが、その施術自体が不完全の場合もあるでしょう。成果が出なければ繰り返し質問することが重要なのです。
しかし、(もう一度質問しよう)と考え始めていた矢先の先生の死……。
今までは、(困ったら電話すればいい)という甘い考えがどこかにあったと思います。
でももうそれはできません。

そして本日の施術。
ふと、(最初にここを徹底的に治療してみよう)という考えが浮かびました。今までも毎回やっていた施術です。普段は5分足らずで歪みを整えて次の施術に移るところを徹底的に
もちろん、いつも重点事項を決めて治療しています。それでも(やっぱりダメ)というパターンだったのです。
でも今日はなぜか、(うまくいくだろう)という予感がありました。もしかしたら天の声が聞こえたのかもしれませんね。
立って確認してもらうと、
「あ、楽に立てます。反っても大丈夫。何年振りだろう、こんな良い姿勢は

やりました あきらめずに治療してきたかいがありました。
山田先生、ありがとうございました。これからも頑張ってまいります



↓「人気ブログランキング」クリックの
  ご協力をお願いします。
人気ブログランキングへ ←1人1日1回のクリックが有効です。

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

2年間痛かった腰痛がウソのようだと嬉しい感想。

70代の会社役員の方(男性)。2年前からの腰痛です。
最初は腰が痛くて、次第に両足のもも裏が痛くなってきました。病院でMRI検査をしたら「脊柱管が2か所で狭くなっているので手術も考えた方が…」と言われました。(手術は絶対やりたくない)と、その後は他の医院等で、さまざまな治療を受けましたが、変化ありませんでした。

「長く歩くときついですね。ときどき休まないとだめです」
と、ここだけを聞くと脊柱管狭窄症の特徴である〝間欠は行〟のような感じです。おそらく病院での診断はこれが決め手だったのでしょう。脊柱管が2か所で狭窄しているというのはこじつけですね。
一般的に腰痛と足の痛み(特に尻~もも裏)がある場合、確かに脊柱管狭窄症の疑いや坐骨神経痛の痛みであることが多いです。私も最初はそう思いました。
でも朝と夜の様子を聞いてみると、
「朝が一番悪くて、次第に楽になってきます。もちろん痛みはずっとありますが」
ということは、椎間板の潰れやヘルニアなどが原因による狭窄症ではないようです。

「週に2回くらい、時間があると市の体育館でバイクをこぐんですよ。するとそのときは楽になるんですが、良く日は痛みが戻ってますね」
運動した方が楽になるということは、主に筋肉の痛みですね。疲労がたまっているのでしょう。座位で触診してみると、腰背部がガチガチです。まずこれを治療してどうなるか確認が必要です。
仰向けになる時、そこから起きるときに痛みがありますが、すぐにほとんどなくなりました。立って身体を反らしても大丈夫。歩いてもらうと、
「おお!楽に歩けます不思議ですね。 もっと早く来れば良かったなあ。」と、一番嬉しいコメントをいただきました
来週もう一度予約をとってもらいましたが、
「妻が今年の除雪で腰を痛めているので、一緒に連れてきます」とのこと。
はい、了解しましたよ



↓「人気ブログランキング」クリックの
  ご協力をお願いします。
人気ブログランキングへ ←1人1日1回のクリックが有効です。

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

プロフィール

ひろた自然形体療法院

Author:ひろた自然形体療法院
 
院長氏名:廣田正博
所在地:阿賀野市小浮847番地

その痛み、あきらめていませんか? どんな症状でも、原因を正しく治療すれば必ず改善します。
まずはお気軽にご相談を。

電話 0250-68-1400

★メールはこちらをクリック



ご予約はホームページから
   (特典あり)
  ☆こちらをクリック☆





⇒ブログのトップへ

カテゴリ
クリックして通販のページへ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR