足先が冷たくて困る人が続出。冬が近いですね。

冷え症は冬期間だけでなく、夏でも足先などが冷たく感じます。
今日は定期的に通院されている2名の方から治療中に相談がありました。
「足先が一年中冷えている」という悩みでした。
この時期になって話をするということは、冬が近づくとさらに冷えるのではないかと心配になったのでしょうか。

こういう状態になると、単純に温めても改善しません。心当たりのある方も多いでしょう。
血行が悪いことが原因なのに温めてもだめなのは、脳の防御反応だからです。
この解消法は、後日このブログで紹介します。

さて、足の冷えを訴えた方は、午後イチに来院された80代の女性と、夕方仕事終わりに来院された50代男性。
普通は基本治療で足も温かくなりますが、それでダメな場合は冷え性専門の治療をします。
お二人とも足先の治療後まもなく、
「あ、足先がぽかぽかしてきました」と驚きの声を上げられました。
この方法は霜焼けにも効果があります。
自己療法の公開をお楽しみに!




 ↓読んだらこのバナーをクリックして、ランキングへの投票をお願いします。

人気ブログランキングへ 
★ひろた自然形体療法院 《新潟県阿賀野市小浮847》

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

両足の膝下から足首まで冷たくてジンジンするのはなぜ?

◎両足の膝~足首までが冷たくて、ジンジンする原因とは?

60代 男性 無職

(症状)
10年以上も前から、足が冷たい。特に足首周辺が悪い。

(施術と結果)
予約の電話をもらったときは奥さんだったので、(女性特有の冷え性かな)と思っていました。
男性だから冷え症ではないとは言えませんが、別の原因かもしれません。
というのも、まず座位で検査しようと背後にまわったら、一目で側湾症と分かりました。椎間板に起因する可能性が高いです。ただし、脚の筋肉の異常な緊張があればまずそっちが優先です。
仰臥位になってもらって、足全体の筋肉を触診しました。筋肉に異常な緊張はありません。次に、本人が冷たいといっている膝下を直に触ってみましたが、特に冷たすぎる体温ではありません。ということは椎間板の潰れか側湾症による身体の歪みで神経を圧迫しているのでしょう。
側湾症は1回の施術くらいでは真っすぐにならないので、まず椎間板の治療です。
その時、ご本人が「週1回太極拳をやってまして、40分くらいストレッチをやります。すると血行が良くなるのか、家に帰るとしばらくは足が温かいんです」という話をされました。
ここで椎間板の潰れであることを確信しました。筋肉に問題がないので、血行の良しあしは関係ありません。ある種のストレッチが、偶然椎間板の治療になったのでしょう。
その話を聞いた後で椎間板の治療をしたら、予想通りです。
「あ、なんか足が温かいです。全然違います」
……やっぱり!さっそく自己療法の指導です。
「歳をとると、椎間板は元にはもどらないんでしょうね」とも心配されていましたが、大丈夫です。
人間、いくら歳をとっても新陳代謝は必ずあります。だから、上手に身体をコントロールしてやれば、元の丈夫な椎間板にもどります。
80歳の方でも回復してますよ、というと安心した笑顔が見られました


↓「人気ブログランキング」クリックの
  ご協力をお願いします。
人気ブログランキングへ ←1人1日1回のクリックが有効です。

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

プロフィール

ひろた自然形体療法院

Author:ひろた自然形体療法院
 
院長氏名:廣田正博
所在地:阿賀野市小浮847番地

その痛み、あきらめていませんか? どんな症状でも、原因を正しく治療すれば必ず改善します。
まずはお気軽にご相談を。

電話 0250-68-1400

★メールはこちらをクリック



ご予約はホームページから
   (特典あり)
  ☆こちらをクリック☆





⇒ブログのトップへ

カテゴリ
クリックして通販のページへ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR