大会間近、校内の階段ダッシュで捻挫。(陸上、中1男子)

新潟では冬期間、屋外で走られないことが多く、階段ダッシュは大事なトレーニングの一つ。でも狭いところを複数の部が走るので、何かと大変です。
陸上大会を十日後に控え、階段ダッシュの真っ最中、踊り場で野球部の一団を追い抜こうとした際に滑って左足を捻挫しました。
スポーツでの捻挫は、圧倒的に足首を内反して起こるのが多いのですが、今回は外反。
四年ほど前、小学生の時にも足を傷めましたが、当院ですぐに回復したことをお母さんが思い出し、メールで予約されました。

来院時は捻挫して五日目でしたが、しっかり足をついて歩くことが出来ず、ベッドに座った状態でも足底を床につけると痛みで顔を歪める状態でした。
しかし腫れや内出血の様子は見られず、熱もありません。外側の踵~くるぶし下~甲の広い部分に触れるだけで痛い圧痛があります。
「来週の大会に間に合いますか?」と聞かれましたが、練習はともかく試合は難しいかな、という印象。

「骨折はないと思いますが、レントゲンは撮ったのですか?」と聞くと、
「いえ、初めからこちらに来るつもりでしたので、医者には行っていません」とお母さん。
おっと、これは責任重大ですね。よし、信頼に応えなければ=3

まず、広い範囲の圧痛を取らないと先に進めません。
時間を掛けて圧痛を無くします。
次に関節のズレの痛みを確認しながらそれを調整。治療後は歩いてもつま先立ちしてもも痛みなし。
大会に間に合わせたいので、翌日も予約。

翌日は普通に歩いてきたので、私も一安心。
痛みを確認すると、つま先立ちでちょっと痛みを感じました。通常は動作時のズレを調整するのですが、(もしかしたら)と閃くことがあり、まず最初に患部と全ったく違う、ある部分を調整してから痛みを確認してみます。
すると、つま先立ちしても痛くない! これは凄い! わずか30秒足らずで捻挫の後遺症とも言える痛みが消えました。
残った時間は、試合でベストを尽くせるよう、全身の調整となりました。
全ての治療後は、連続ジャンプしても問題なし。
良かった、大会に間に合いましたね。がんばって下さい!

○余談
あまりにも劇的に回復したので、顧問の先生が「どこの病院へ行ったのか?」と聞いてきたので、(怪しまれたのかな?)と思っていると、先生も痛いところがあるらしく、自分が行きたいから教えてくれということだったとか(笑)
生徒の紹介で先生が来るのも、ほほえましい話ですね。まだ連絡ありませんが(笑)



   ↓読んだらこのバナーをクリックして、ランキングへの投票をお願いします。 人気ブログランキングへ  ★ひろた自然形体療法院 《新潟県阿賀野市小浮847》



甲子園予選を控えて捻挫。休日診療となりました。(高3 野球)

本日の定休日は友人たちとレジャーに出かけ、夕方からちょっと飲んでいたのですが、夕方電話が入りました。
約1年前に膝の半月板損傷を治療し、その後定期的にメンテナンスに通っている部員のお父さんからです。
「息子のチームメイトが捻挫してしまったのですが、甲子園予選を控えて困っています」とのこと。
まだそんなに飲んでいなかったので、早めに切り上げることにして午後8時から治療することにしました。

捻挫したのは9日前ですが、痛みをこらえて練習をしていました。今日だけOBの方からテーピングをしてもらったということで、がっちり固定されて来院されました。
足先を内旋、甲屈、底屈で前距腓靭帯とその周辺、アキレス腱、踵内側に痛みが出ます。アキレス腱を除いて圧痛があります。
腫れはだいぶ引いていますが、歩くのもまだまだ痛い状態。

治療では、まず圧痛を取ることから始めます。少々根気のいる作業ですが、痛みを確認しながら行います。
圧痛がなくなると今度は足首を動かした時の痛みを取ります。
これもいろんな方向を丁寧に矯正していきます。
立位で膝を曲げたりつま先立ちした時の痛みを取り去れば、歩いても痛みはなくなります。
軽くその場駆け足をしても大丈夫になりました。ただ、もう外も暗いし、ダッシュだけはやめておきましょう。

明日練習してみてまだ不安が残るなら、明日もう一度治療するとこにしました。
この治療に限りませんが、やればやるほど回復しますので、万全の状態で最後の夏に挑みましょうね!




 ↓読んだらこのバナーをクリックして、ランキングへの投票をお願いします。

人気ブログランキングへ 
★ひろた自然形体療法院 《新潟県阿賀野市小浮847》

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

両足捻挫の高校3年サッカー部員。高校最後の年、ベストを尽くしたい。

高校3年生サッカー部。
連休中に春の大会を控え、昨年から何度か繰り返している捻挫をなんとかしたいと、ご両親が連れてこられました。
もちろん今日は定休日ですが、早い方がいいだろうと治療することにしました。

右足首は、昨9月に靱帯損傷と診断されて松葉杖を使わなければならないほどの重症。2か月で復帰するも、今年1月の遠征でまた捻挫してしまいます。現在は痛みはないものの、足首の可動はかなりわるいようです。
左足首は先月に捻挫。しかしまだ腫れが完全に引きません。
治療前に両足首を触ったら、左踝周辺が右の倍くらい腫れています。

まずは左から。足全体の疲労を取ってから、踝の圧痛をとります。これは靱帯の剥離ですぐに痛みはなくなります。
次は動作時の痛み。底屈方向で傷みますが、これは動作転位。これは一瞬で痛みがなくなります。
右足はとにかく足首が固くて可動がありません。これでは思うように動かないので、捻挫しやすくなります。
時間をかけて足首の可動をつけます。

夜遅いので、外を走ってもらう訳にはいきませんが、治療室を軽く走っても痛みはありません。
「あれ? 腫れが引いたんじゃないの?」とお母さん。
説明しなくても、見ただけで分かるくらい腫れが引きましたね。
触ってみると、両足ほぼ同じ感じです。

全力で走って、ボールを蹴ってみないと分からない部分もありますが、かなり、痛みが取れたはずです。
悔いが残らぬよう、ベストに近い体調で全力を尽くしましょう!




桜20140424 033
残雪の五頭山と、新緑萌える遊園地



 ↓読んだらこのバナーをクリックして、ランキングへの投票をお願いします。

人気ブログランキングへ 
★ひろた自然形体療法院 《新潟県阿賀野市小浮847》

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

捻挫の後遺症? 違和感が一カ月続く(中3 男子 サッカー)

朝早くから電話がありました。息子が捻挫したので今日の午前中、予約が空いてないかと。
今年から1~2月は早朝除雪対策のため朝一(9時)の予約はなるべく空けていました。今日は雪の心配が無いので、良かったですね。9時にどうそ。

てっきり捻挫した直後と思って心の準備をしていたのですが、来院してから聞いてみると、1か月前サッカーの練習中に捻挫して以来、足首の違和感が取れないのだとか。ときどき痛みもあるようです。

中三なので学校の部活は引退しましたが、その後ちょっと大きなクラブチームに入団して頑張っています。
触診してみると筋肉はパンパン&ガチガチ。
もともと疲労して固くなっていたところに捻挫したものだから、さらに筋肉が委縮・緊張して動きが悪くなっているのだと容易に判断できました。

捻挫した左足だけ治療してから違和感を確認してもらうと、
「違和感はありません。でも右足が重いです」
右足は治療していないからね(笑) もちろん、右も軽くしてあげますよ。
最後に、歪んでいた首の治療も。時間が無くて腕などは出来ませんでした。

治療が終わって確認してもらうと、
「すごく楽になりました。身体が軽いです。首も動かすと痛かったのに大丈夫です
次は腕も治療してもらいたいかろ、もう一回連れて来てと、お母さんにおねだりしてしていました。

それにしても、です。
いつものようにストレッチの重要性を説明しながら、チームとしてストレッチにかける時間を聞いたところ、なんとゼロという答えが返ってきました。
サッカーを頑張っている子どもたちが、疲労で筋肉がガチガチになっているのは珍しいことではありません。部活などでも身体をケアする時間が足りませんが、それが専門トレーナーまで抱えるクラブチームであるにもかかわらず、ストレッチをまったくやらないというのは非常に問題です。

「(足の違和感とは別に)昨日はまったく身体が動きませんでしたが、原因は疲労なのですね」
そう、鍛えるだけがトレーニングではありません。いくら筋トレをしても、固い筋肉では持っている力を出せません。柔軟な筋肉であればあるほどパフォーマンスは上がります。

それにしても、大きなクラブにしてこの現状。どうにかならないものでしょうか。




 ↓読んだらこのバナーをクリックして、ランキングへの投票をお願いします。

人気ブログランキングへ 
★ひろた自然形体療法院 《新潟県阿賀野市小浮847》

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

捻挫後遺症は、自然に治らない場合も。その原因は?

◎状態
20代 消防士
趣味でラグビーをやっている。プレー中、右足首にタックルを受けて捻挫。その後、腫れが引いても足首の違和感が取れない。立って膝を曲げる(足首も曲がる)と、足首の中で骨同士ぶつかる感じがする。突っ張る感じもある。整形外科の診断では、「骨同士がぶつかったようだが、骨折ではないので、自然に治る」と言われる。
とりあえずテーピングでガチガチに巻いてプレーしている。
自然に治る気配がないので、ホームページを見て来院。

◎施術と結果
捻挫の後遺症の場合、いくつかの原因が考えられます。この方の場合、突っ張る感じもあるというので、まず筋肉治療です。テーピングで可動制限もしてたので、筋肉が縮んでる可能性があります。マザーキャットなどで施術してから立ってもらって確認すると、「あまり変化がありません」とのこと。
次に多い原因が関節の動作転位(動かした時のずれ)です。これを仰向けの状態で行ってから立ってもらって確認。これも変化がありません。足底のアーチの乱れも考えられるので、立ったまま施術すると「もっと痛い」。するとこれも違う。

今度は関節の動作転位を立った状態で行うと、
「あ、ちょっと楽です」
しかし、私の手を離すと痛みが戻ります。ということは、もう可能性は一つしかありません。靱帯が伸びています。
ある部分を固定して確認すると……。
「あ、一番楽です
はい、二骨間転位が確定です。この場合の治療法はただひとつ。痛みのない状態を作ってから説明します。
「この状態で20日~1か月キープすれば完全回復しますよ

この状態で歩いてもらっても大丈夫です。
「医者には自然に治ると言われていましたが、それは無理ですね?」
「そのとおりです。この痛みの原因と治療法は、自然形体療法でしか分かりませんからね

診断と治療法がバッチリ決まったときの達成感は格別ですね




↓「人気ブログランキング」クリックの
  ご協力をお願いします。
人気ブログランキングへ ←1人1日1回のクリックが有効です。

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

プロフィール

ひろた自然形体療法院

Author:ひろた自然形体療法院
 
院長氏名:廣田正博
所在地:阿賀野市小浮847番地

その痛み、あきらめていませんか? どんな症状でも、原因を正しく治療すれば必ず改善します。
まずはお気軽にご相談を。

電話 0250-68-1400

★メールはこちらをクリック



ご予約はホームページから
   (特典あり)
  ☆こちらをクリック☆





⇒ブログのトップへ

カテゴリ
クリックして通販のページへ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR