お墓まいりで転倒。打撲?骨折?(70代 女性)

先月の症例です。(70代女性)
お盆のお墓参りに行った際、滑って転んで石の段に右脇腹を強打してしまいました。
あまりの激痛ですぐに病院に行ってレントゲンを撮りましたが、骨には異常がないという診断。ホッとしたのもつかの間、夜になっても痛みで寝ることができません。
左向きで寝たものの、ずっとその姿勢でいると辛くなってきます。しかし仰向けになれないので一旦起きて落ち着かせてはまた寝る、そんなことを繰り返したそうです。

翌日、心配した家族からメールで連絡をいただいたものの、『転んで脇腹を打ったけど、医者の話では骨に異常はなかったので、打撲の対処の仕方を教えて』との内容でした。
そのときは私も盆休をとって県外におりましたので、とりあえず自己療法的なものを伝えておきました。
翌日は日曜。ふと、本当に打撲なのかという疑念がわき、メールで家族に様子を聞いてみると、『まだ痛がっています。布団に横になるとなかなか起き上がれません』とのこと。
(あ、これは骨折かも)と思ったたので、翌日治療しましょうかと持ちかけたところ、ではお願いしますとの返事。

そして予約日、来院した様子を見てビックリ。歩くのもやっとの感じで、問診でベッドに座るのも痛みで顔を歪めます。座ってていても辛いというので仰向けになってもうらおうとしますが、これが無理。
時間をかければ仰向けになれるというどころの話ではなく、動くたびにううっ!をうめき声が出ます。

転んでから3日目で、まだこの痛さ。これが単なる打撲であるあずがありません。
しかも動いて痛いという箇所は、触ったくらいでは痛くないのです。
間違いなく骨折しています。
ただちに骨折治療にとりかかります。

肋骨の骨折治療では肋骨の先端に触れる必要がありますが、この患者さんは結構肉付きがよいので、横向きで足を曲げていると、骨の先端が触診できません。
少々治療に困難を極めましたが、苦肉の策で、お腹の肉を介して治療することに。
その後、起きてもらって座った状態でも行いました。

ある程度やってから確認すると、
腕を上げると患部に響いたのに、痛みなく上げることができるようになりました。背筋も伸び、歩いても痛みなく、スムーズになりました。ほっと一安心。
翌日も治療しましたが、一日経っても痛みが戻ること無く、(多少の痛みはありますが激痛ではない)、仰向けに近い形で寝ることもできたと喜んでいらっしゃいました。
骨折と思われる部分にはもう痛みはほとんどなく、この日は1か月前に海で転んだ時の足の痛みや、その他の部分の痛みの治療となりました。治療中は仰向けにもなれました。
この様子から、骨の折れた部分が密着して、くっつきやすい状態をキープしていることがわかりました。

肋骨の骨折治療は技術的には難しいものではありませんが、非常に特殊な方法なので、骨折以外のケガ等に効果はまったく期待できません。
つまり、骨折治療でこれだけ劇的に痛みがなくなったということは、100%骨折であったといえるのです。
最初に打撲と診断した医師は派遣の大学医ということでしたが、学生だったのかな? よく分かりませんが。
でもあらためて、この治療法を発見した故・山田先生の凄さが理解できました。感謝です。




 ↓読んだらこのバナーをクリックして、ランキングへの投票をお願いします。

人気ブログランキングへ 
★ひろた自然形体療法院 《新潟県阿賀野市小浮847》

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

久々の骨折治療の成果は……(90代 男性)

足の極度のむくみで通院中の方。しばらく見えないと思っていたら、一か月前にデイサービスで転倒し、肋骨にヒビが入ってしまったとのこと。
久しぶりの来院です。もう激痛ではないようですが、まだ家で痛みを訴えるといいます。特に腕を動かした時に痛むようです。

多少痴呆もあって私との会話もままならないのですが、治療前に右肋骨あたりを指して「このへんが痛いですか?」と聞くと、はっきりと「はい」と言って頷きました。では久々の骨折治療といきましょう。
1か月前の骨折でも、腕を動かして痛いということはまだくっついていない証拠です。それを治療で骨折部分を密着させてやれば痛みもなくなるし、くっつくのも早くなります。

例えて言うなら、割れた茶碗を接着剤で修理するとき、破片をピッタリと密着させれば何かで固定することもなく、キレイに、早くくっつきますね。密着していないと、ギブスのように何かを巻いて固定し、すき間を埋めるために接着剤を山盛りにしないといけません。一般的な骨折がそうです。だから骨折部分が太くなります。
鎖骨や肋骨の場合は折れてもギブスを巻けないので、自然治癒するにはかなりの期間を要します。

さて、脚のむくみもまだひどく、、肋骨の治療は10分位。うまくいけばこれでも大丈夫。
起きてもらってから聞いてみると、特に反応がありません。たぶん痛みがなくなったのでしょう。

それから10日ほど経ってから来院されました。
いつも送迎されている娘さん曰く、
「あれから痛いって言わなくなったんですよ」
それは良かった! あとは、また転ばないように気をつけましょうね。




 ↓読んだらこのバナーをクリックして、ランキングへの投票をお願いします。

人気ブログランキングへ 
★ひろた自然形体療法院 《新潟県阿賀野市小浮847》

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

打撲と思ったら肋骨骨折だったという良くある?話(70代 女性)

《症状と経過》
一週間前に家の中で転んでテーブルなどに数か所ぶつけてしまった。左胸の痛みがなかなか良くならない。
寝返りを打つのも辛い。
抗がん剤治療もしているので、主治医に相談したら「打撲だし、歩けるから問題ないよ」というばかりで検査もしてくれない。

《治療と結果》
頸椎枕をしようと、仰向けで首を持ち上げても痛がります。どうも骨折ぽいですね。
打撲治療の前に、骨折の治療を優先することにしました。
痛い場所は肋骨下部の中央寄り。
数分の骨折治療後、首を持ち上げてもらうと
「痛くありません
骨折治療は特殊な方法ですから、これで痛みがなくなるということは骨折確定です。
左右への寝返りをやってもらっても大丈夫。
骨がしっかり密着すれば痛みもなくなるし、普通に日常生活を送っても大丈夫。くっつくのも早いです。

例えて言うなら、割れた瀬戸物の茶碗を瞬間接着剤でくっつけるとき、隙間があってはだめですよね。ピッタリ断面を密着させると良くくっつきます。骨折も同じこと。
隙間があるままにギブスで固定すると、治りが遅くなるばかりか、その隙間を埋めるために骨を新たに生成するので、骨折部分が太くなります。

久しぶりの骨折治療でしたが、肋骨は比較的簡単なので慌てることなくできました
それにしても、自然形体って凄いですね。




 ↓緑のバナーをクリックで投票していただけると嬉しいです

人気ブログランキングへ 

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

レントゲンには写りません。肋軟骨骨折(ひび)

HPからの転載です。

女性 中学2年生

【症状】
 バスケットボールのディフェンスのとき、相手選手が突っ込んできて肩が胸の真ん中あたりに強く当たったことで痛みが張りしる。じっとしていても、手をあげても痛い。仰向けに寝ようと後ろに反ると特に痛い。左の鎖骨を軽く叩いても右胸(第3肋骨付近、胸骨体の中心から指2本分右)に響く。触診で段差は認められないが、ヒビが入っていると判断した。念のためレントゲンを撮ってみたが、医者に「軟骨は写らない。写らない以上、骨折と判断できない。強い打撲としか言えない」とのこと。

【治療】
 医者がなんと言おうと、ひびが入っているのは明白なので、骨折の治療に取り掛かる。初回の治療で鎖骨をたたいても右胸に響かなくなった。骨折の治療は独特のもので、打撲には全く効果がない方法です。この治療で痛みが改善するのだから、100%骨折(ひび)であることを確信しました。
 ただし、仰向けで寝起きする時の痛み、あるいはシュートフォームのときの痛みは残りました。1週間たっても変わらないので、山田洋先生(創始者:新潟、東京)に電話相談。すると、骨折治療とは全く別の目的である治療方法をアドバイスを受けました。やってみると、残っていた痛みが瞬間的に消え、何をしても全く痛くなりました。
 これは、骨折のほかに、もうひとつの痛みの原因(※注1 動作転位)を同時に起こしていたのでした。怪我をした時の状況をよく考えれば納得の結果でした。
 結局、怪我をして1週間で練習を再開し、その後痛みが戻ることなく、完全復帰しました。


※注1「動作転位」…関節など動かした時だけに発生する痛みの原因。筋肉にも起こる。動かしたときのみに原因が発生するため、静止状態で撮影するレントゲンやMRIで発見することは不可能。

骨折治療について
 骨折の治療法が発表されたのが2007年暮れ。それまでは「骨折以外は何でもどうぞ」といっていたのに、すごい進歩です。信じられないかもしれませんが、骨折の痛みはある方法ですぐになくなります。また、くっつくスピードもギブス固定とは雲泥の差があります。特に、鎖骨や肋骨骨折の場合はギブスが巻けないので、まったく自然治癒を待つのみです。ひどい例として、無理にギブスをする場合がありますが、折れた部分をさらに痛めつけるようなギブスをする例があり、治りにくいだけでなく、その間の激痛は想像を絶するものがあります。

↓「人気ブログランキング」クリックの
  ご協力をお願いします。
人気ブログランキングへ ←1人1日1回のクリックが有効です。

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

プロフィール

ひろた自然形体療法院

Author:ひろた自然形体療法院
 
院長氏名:廣田正博
所在地:阿賀野市小浮847番地

その痛み、あきらめていませんか? どんな症状でも、原因を正しく治療すれば必ず改善します。
まずはお気軽にご相談を。

電話 0250-68-1400

★メールはこちらをクリック



ご予約はホームページから
   (特典あり)
  ☆こちらをクリック☆





⇒ブログのトップへ

カテゴリ
クリックして通販のページへ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR