急に手のしびれが発生。医者に行く前に当院へ(50代 男性)

電話をかけてきた前日、起床時に右手にしびれを感じました。
右手の平と親指、人差し指、中指、そして薬指の半分(中指側)ということなので、病院に行ったら100%手根管症候群と診断される症状です。
いや、実際に病名は手根管症候群でいいでしょう。問題は原因と治療法です。
病院では手術以外に方法はないと言われるはずです。

この患者さんは、娘さんのオスグットをきっかけに、同居する母親と奥さんもときどき通院されているご家庭のご主人です。
医者に行くより前にまず当院へ、というのは嬉しいですね。

医学的には手首付近で骨と靭帯に神経が圧迫されているのが原因とされていますが、実際には肘~指先までの筋肉の問題です。
しびれの状態を何度も確認しながら治療していきますが、どんどんしびれがなくなってきました。
最後は指の先端に少し残りましたが、全体的にはかなり改善されました。
「手に力が入らなかったし、字も書きづらかったんですが、触った感じが全然違います!」

簡単そうで難しい?手根管の自己療法を教えて一週間ほど様子をみることにしました。
上手にできれば、これで大丈夫。





 ↓読んだらこのバナーをクリックして、ランキングへの投票をお願いします。

人気ブログランキングへ 
★ひろた自然形体療法院 《新潟県阿賀野市小浮847》

さて、手根管症候群ですが、慢性化してしまうとなかなか頑固な症状です。

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

手根管症候群とバネ指と腫れ。(40代 女性)

介護職の方で、両手の手根管症候群のしびれ、加えて左手は親指と薬指が腱鞘炎(バネ指)、その他にもグーをつくると関節が痛くなる指が何本かあります。
病院では、薬や注射で様子を見ながら、酷くなれば手術と言われています。
手術はなるべく避けたいと、ネットで検索して県外からの来院です。
初診は8月。遠方なので月2回の通院が精いっぱい。

指を曲げたときの痛みは、関節のずれなので1~2回の治療で痛みは無くなりました。
しびれはだんだん良くはなってきましたが、バネ指がなかなかスッキリと改善しません。治療間隔が空きすぎるのも問題ですが、もう少しなんとかしたいところ。

他の症状(腰痛等)が改善してきたので、先回(半月前)から指の治療時間を長めにしてじっくりとやることができました。
終わった直後はいい感じでしたが、どこまで長続きするのやらと心配していました。
今日の治療前に状態を確認すると、
「左手の方は、バネ指も手根管症候群も大丈夫になりました。右指のしびれだけ少し残っています」とのこと。
バネ指治療、効果が出ましたね。

では、その他の症状もじっくりと、でも確実に改善させていきましょうね!





 ↓読んだらこのバナーをクリックして、ランキングへの投票をお願いします。

人気ブログランキングへ 
★ひろた自然形体療法院 《新潟県阿賀野市小浮847》

手根管症候群ではないと診断された、手根管症候群の症状

4月から左手の手根管症候群に悩まされている40代女性。
実は右手も3年前に手術していますが、最近になってまた痺れが出てきました。
先々月に当院に初めて来院してから、今日は一カ月ぶり4回目の治療です。

前3回の治療で効果も実感していたし、自己療法も教えていたのですが、やはり心配になってくるのでしょう。手の専門病院を紹介されて行ってきたようです。
今日の予約を入れるときの電話で、
「病院で手根管症候群ではないと言われました」と言っていました。

手の専門病院では、神経の検査が大丈夫なので手根管症候群ではなく、原因不明だと診断されました。あるいは頸椎の神経からきているのかもしれないとも。
しかし、当院の治療では首を治療しなくても痺れが明らかに軽減していますから首が原因ではありません。
血行が悪いのではと、薬(プロサイリン20mg)も出されましたが、服用していたらもっと悪化したそうです。

さて、今日も治療中から痺れがほとんど無くなりました
もう病院へは行かなくていいですね。
あとは継続です。




 ↓読んだらこのバナーをクリックして、ランキングへの投票をお願いします。

人気ブログランキングへ 
★ひろた自然形体療法院 《新潟県阿賀野市小浮847》

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

手術した右まで痺れ始めた手根管症候群

左右の手根管症候群で、先週に次いで2度目の来院となった40代女性。
先月から左手の親指と人差し指全体の痺れがひどく、蛇口からの水が当たっても嫌な感覚だそうです。
実は3年前に右手を手術したものの、これも痺れが戻ったばかりか、手首付近の手術痕まで痛いといいます。

とにかく前腕に強い張りがありました。これでは血行が悪くなりますね。
初回治療後は痺れが軽くなった、と喜んで帰られました。
今日の治療前は「まだ結構しびれている」というものの、指全体にあった痺れが先端だけになっていました。
手術後の傷部分も痛くないというので、短期間で回復しているほうですね。
自己療法も簡単にできる方法を思いついたので、それを指導。
「治療前よりずっと痺れが軽くなりました また来ます」と笑顔。

手根管症候群は、横手根靭帯(手の平部分)と手根骨に神経が挟まれて発症すると言われてますが、ほとんどの場合で原因が違うといっていいでしょう。
手術を勧められたら、その前に当院にご相談ください。



庭の花2013 055
庭のツツジです。



 ↓緑のバナーをクリックで投票していただけると嬉しいです

人気ブログランキングへ 

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

左手の手根管症候群で、右同様に手術を勧められているが……。

3年前に手根管症候群で、右手を手術した40代の女性。最近になって左手も同様の症状になって手術を勧められています。
しかし、手術した右手も指(第1・2指)の痺れは変わらず、しかも手術痕が未だに痛い状態です。
良くなったのは前腕の痺れだけ……。
しかし手根管症候群の手術は、《手首付近の神経圧迫で指がしびれるから、圧迫している靱帯を切除する》というものです。指の痺れはそのままで前腕だけ改善は、理屈に合いません。
これは手術した後に数か月ギブスをはめたせいで腕を使わなかったから、前腕の疲労がとれただけでしょう。他の手術例で指の痺れが改善することも多いようですが、これも同じ理由です。

自然形体療法で筋肉治療をすると、左手の指も、右手の指も痺れが明らかに軽くなりました。神経圧迫が原因ではない証拠です。ただ、なかなか頑固な症状でもありますから、根気よく治療していくことが肝心です。



庭の花2013 029
花の名前分かりません。小さい花ですが、良く見ると形がピーマンみたい(笑)
(その後……)
とかいっていたら、ピーマンを作っている姉からメールがあり、
「たぶん、ジシャガラ」と教えてもらいました。
たぶん、正解!




 ↓緑のバナーをクリックで投票していただけると嬉しいです

人気ブログランキングへ 

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

プロフィール

ひろた自然形体療法院

Author:ひろた自然形体療法院
 
院長氏名:廣田正博
所在地:阿賀野市小浮847番地

その痛み、あきらめていませんか? どんな症状でも、原因を正しく治療すれば必ず改善します。
まずはお気軽にご相談を。

電話 0250-68-1400

★メールはこちらをクリック



ご予約はホームページから
   (特典あり)
  ☆こちらをクリック☆





⇒ブログのトップへ

カテゴリ
クリックして通販のページへ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR