半月場損傷で松葉杖だったのに…(30代 女性)

最初に膝(右)を傷めたのは10年前にスノーボードで負傷した時といいます。その後、ときどき膝がガクッとなって痛みがでるようになりました。でもそれは一瞬と行ってもいいほどの痛みだったので、スノーボードもずっと楽しんできました。
ところが2か月ほど前、いつものようにガクッときた感じだったのですが、今度は痛みが引きません。それどころか次第に悪化し、歩行困難な状態になってしまいました。
今までも痛い時にたびたび通っていた近所の整形外科では「レントゲンでは異常ないけれども、ここでは手に負えないから、もっと大きな病院で診てもらって下さい」と、有名病院を紹介してもらいました。
そこでは先生から「私の長い間の経験から言って、これは半月板損傷に間違いありません。次回念のためMRIで検査しますが、手術するしかないので、その方向で進めます」と言われました。
でも手術はしたくないとネットで検索し、当院を見つけました。

松葉杖を使っていると、予約時の電話で話していらっしゃいましたが、雪道ということもあったのでしょうか、松葉杖は使っていませんでしたが、すり足で玄関前を歩いている姿が部屋の中から確認でしました。

来院時の状態は、歩くのはもちろん、立って体重を右足にかけると痛むようです。でも体重がかからない状況での軽い曲げ伸ばしは大丈夫。
また、膝を限度いっぱいに伸ばしきるときや、深く曲げた時に痛みます。傷めた直後は、膝の内側が腫れてシップしていたといいます。
さて、原因は何か。このブログで何度も書いているとおり、痛みの原因は半月板損傷ではないことはあきらかです。血管も通っていない半月板が腫れるはずもありません。
レントゲンでは変形もなく、綺麗な状態だったといいますから、関節のずれか筋肉・靭帯等の組織の痛みのはずです。

普通は(特に運動をしている場合)、筋肉は慢性疲労やオーバーワークでガチガチになっています。
しかし、この方の筋肉はどこを検査しても柔軟で、問題があるようには思えません。
関節のズレを調整しても完全には痛み、違和感が取れません。

膝裏も柔らかく問題がなさそうでしたが、どうもその奥に問題があることが分かってきました。同様に内側側副靭帯もおかしいようです。縮んでいると思われる部分を牽引してみると、「すごく膝が気持ちいい」と言います。
こういうふうに言っていただくと原因がすぐに確定しますね。

立ってもらって確認すると……
「痛くないです。まるで魔法にかかったようです!」と驚きつつ、笑顔がこぼれます。
また痛みが戻るかもしれませんが、何度か治療すれば大丈夫。もう手術の必要はありません。
次回まで自己療法もしっかりやっておきましょう。

10年前に膝を傷めて以来、開脚のストレッチではいつも膝が痛かったそうですがこれも大丈夫。
「何か、私ウソついていたみたいになっていますが、本当に痛かったんですよ」
分かってますよ(笑)。でも良かったですね。

さて翌日、新規の予約電話がありました。
昼前の時間帯にちょうどキャンセルが出たばかりだったので、タイミングよくそこに入れました。
電話してきたのは男性でしたが、
「実は今朝、会社の事務員が『ちゃんと歩ける。ゴッドハンドだ』とすごく喜んでいたので、私も肩を治療して欲しいのです」とのこと。
「あ、昨日の○○さんの会社の方ですね」
どうやら一晩たってもいい状態をキープしているようですね。安心しました。

さて今回のように、全ての半月板損傷が、1回の治療で改善するということではありません。
これは、劇的に改善するような痛みでも、病院では手術必至の半月板損傷と診断されてしまう、ということです。恐いですね。
原因次第では治療回数のかかる場合もありますが、まずは当院にご相談を。




 ↓読んだらこのバナーをクリックして、ランキングへの投票をお願いします。

人気ブログランキングへ 
★ひろた自然形体療法院 《新潟県阿賀野市小浮847》

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

半月板損傷・バケツ柄断裂で要手術の診断(30代 男性)

趣味のバスケットボールの練習中に痛みが走りました。2年前には前十字靭帯断裂で再建手術をしている左膝です。有名病院での診断は半月板損傷であり、その状態は《バケツ柄断裂》。
バケツ柄断裂は、断裂した部分がバケツの取っ手のような形になっているのもで、酷い場合には膝関節の中でずれて挟まった状態になり、膝が動かなくなってしまう(ロッキング)とされています。

立ち仕事が中心ですが、だんだん張りが強くなり固まった感じになり、痛みも出てきます。また、歩き出しに膝が抜けるような感じになります。膝を完全に伸ばしきることができません。
もちろん、バスケットボールやトレーニングは休んでいますが、まだ引退はしたくないようです。

施術は2ヶ月間で全5回の施術でした。施術ごとに張りが取れ、膝が伸び、仕事中の痛みがなくなっていきました。
4回目と5回目の間隔が空いたのですが、仕事中は問題なくなりましたので、そろそろジョギングから始めてみましょうかと提案。
「次は痛くなったら来ればいいですか?」という質問をされましたが、ストレッチの重要性を理解してくれたようなので、それでいいでしょう。
その後、約20日間ほど経ちましたが、今のところトレーニングも順調のようですね。

半月板損傷にはバケツ柄のほか、いくつかのパターンがあります。それらを医学的な観点から解説したweb記事などを読むと、(本当に手術しないで治るのかな?)と、施術側も一瞬不安になったりするのですが(笑)
大丈夫です。ちゃんと膝周辺の状態を正しくしてあげれば、ロッキングも起こりません。
実績があります。手術しなくても回復します。




 ↓読んだらこのバナーをクリックして、ランキングへの投票をお願いします。

人気ブログランキングへ 
★ひろた自然形体療法院 《新潟県阿賀野市小浮847》

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

13年前に半月板損傷と診断。今も深く曲げると痛い(40代 男性)

趣味でフットサルをやっている40代男性。
13年前、プレー中に右膝を傷めて水が溜まるようになり、2度ほど水を抜きました。ボールを蹴ると膝が抜けるような感じもあったといいます。
大きな病院でレントゲンとMRI撮影すると「手術までは必要ないけど、半月板損傷だね」という診断。
その後も痛みと付き合いながらフットサルを続けることは出来ましたが、一年前に別の病院で検査すると半月板も膝軟骨にも問題はないと言われました。

走るだけなら痛みませんが、右足に大きな力がかかったり、右足だけでスクワットのように深く曲げようとすると痛みます。
治療前に動作では、90度まで曲げることはできませんでした。
日常生活では階段を上るときに痛いといいます。
これはガチガチに固くなった筋肉のせいですね。

治療後は右足だけでスクワットのように曲げても痛みはありません。
動作前はおっかなびっくりでしたが、痛みがないことがわかってホッとした笑顔が見られました。
今後はとにかく、ストレッチを入念に。プレーして痛みや違和感があるうちは、しばらく通院しましょう。
10年以上も悩んでいた膝でしたが、ちゃんとケアすれば50代、60代までフットサルが出来ますよ!





 ↓読んだらこのバナーをクリックして、ランキングへの投票をお願いします。

人気ブログランキングへ 
★ひろた自然形体療法院 《新潟県阿賀野市小浮847》

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

半月板損傷手術の態度を決める2日前に来院(中1男子、テニス)

2か月前、学校で椅子から立ち上がろうとしたときに右膝に激痛が走りました。
最初の病院では膝の亜脱臼ではないかと言われ、2週間様子を見るも改善せず。
2軒目の病院で半月板損傷と診断されました。そこでも2週間様子を見ましたが改善せず、3件目の病院で半月板手術が必要と診断されました。
しかし、ご両親ともに手術に疑問を持ち、ネットで検索して当院を見つけました。

傷めた直後は腫れもあり、膝が曲がらなかったといいます。
しかし次第に腫れも引き、力を入れたりすると痛いものの、日常生活には困らない程度まで回復しました。
来院時は、立位から軽く膝を曲げて痛みが出る状態。

医学的には半月板はほとんど自然治癒しないとされています。
それなのに時間の経過とともに腫れが引き、痛みも軽くなったのは矛盾しています。それでも手術が必要といいきるのは、痛みの原因をどう捉えているのでしょうか?

さて、椅子から立ちあがったときに痛みがでたということでしたが、2か月運動を休んでも筋肉の状態が悪いままですから、相当の疲労が溜まっています。
椅子から立ち上がったのが悪いのではなく、いつ痛みが出てもおかしくない状態だったのでしょう。もちろん、部活でのオーバーワークが原因です。

筋肉の状態を整えていくと、みるみるうちに膝が痛みなく曲がるようになってきました。
内側側副靱帯の横ずれもありました。腫れたのはこのためでしょう。
どんどん楽に曲げられるので、本人も嬉しそうに自分の膝を眺めます。

遠方からご両親がそろって来ていましたが、息子さんの様子を見てお母さんが
「凄い! 感動しました」と、思わず涙ぐみました。
予約の電話を入れてきたときも、何としても手術は避けたいという思いがつたわってきていましたからね。
さぞかし心配だったことでしょう。でももう大丈夫。

お父さんも
「半月板手術をした私の先輩が、〝絶対に手術はしないほうがいい〟と言っていたので……」
と言いながら安心した様子です。
2日後に手術をするかどうか、病院に返事をすることになっていたとのこと。

………………………………………………………………………………………………

初回から四日後、二回目の治療が本日でした。
どれだけ痛みが戻っているか心配でしたが、治療後の状態をキープしているようです。
「風呂に入っていて上がる時だけ痛みがある」とのことでしたが、
これは温まって靱帯が緩んだせいで横ずれを起こすのでしょう。まだふくらはぎ等も緊張が強いですから、緊張の差が広がったせいかと。

治療後はずっと楽に膝の屈伸ができました。
横ずれを防止する自己療法を指導して終了です。
あとは教えた通りのストレッチもきちんとやれば大丈夫でしょう。
「病院に行って手術を断ってきました」と言うお母さんの笑顔を見て、私もほっと一安心。




 ↓読んだらこのバナーをクリックして、ランキングへの投票をお願いします。

人気ブログランキングへ 
★ひろた自然形体療法院 《新潟県阿賀野市小浮847》

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

半月板損傷の疑い。春の大会に間に合うか?(野球・高一)

2年生の高校球児。
半月前から右膝内側が痛みだしました。
レントゲンでは骨に異常なし。しかし、痛みが続くようだったら半月板損傷も疑われるのでMRIを撮りましょうと言われました。
春の大会を控え、心配したお父さんがネットで当院を検索して来院。

一番悪い頃は、体重をかけないで曲げ伸ばししても痛かったそうですが、来院時は立った状態から曲げたときに痛みが出ました。
猛練習に耐えた両足は、私の予想以上にカチンカチンの状態です。
時間をかけて筋肉をほぐし、関節を調整。
治療後は屈伸しても大丈夫になりました。

その四日後、お父さんから電話がありました。
「うちの子は、もうバッチリだと言っています。お陰さまでベンチ入りも果たしました」
(お、良かったですね)
なんとか勝ち進んでもらいたいですね。




桜20140414 086(こと座)
満月の夜桜と、こと座。イラストのように西洋琴なんですね。




 ↓読んだらこのバナーをクリックして、ランキングへの投票をお願いします。

人気ブログランキングへ 
★ひろた自然形体療法院 《新潟県阿賀野市小浮847》

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

プロフィール

ひろた自然形体療法院

Author:ひろた自然形体療法院
 
院長氏名:廣田正博
所在地:阿賀野市小浮847番地

その痛み、あきらめていませんか? どんな症状でも、原因を正しく治療すれば必ず改善します。
まずはお気軽にご相談を。

電話 0250-68-1400

★メールはこちらをクリック



ご予約はホームページから
   (特典あり)
  ☆こちらをクリック☆





⇒ブログのトップへ

カテゴリ
クリックして通販のページへ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR