徳島県からお礼の電話です。枕と自己療法で、蓄膿症が改善。

「蓄膿症で悩んでいます。ネットで(貴院の)記事を読みましたが、そちらで売っている枕は効果がありますか?」
と電話をもらったのが2週間前。
このブログ内の蓄膿症の記事を読まれたんですね。古い症例ですが
「蓄膿症は首が原因のこともありますから、試してみる価値はあると思います。でも、実際に治療したほうがずっと効果はあります。どちらにお住いですか?」
「徳島県です」
ああ、それでは通院できませんね(>_<)
では通常の使い方説明書に加えて、蓄膿症用の枕を使った自己療法の解説文も加えて「健康くび枕」を送りましょう。

(到着後、そろそろ10日ほど経過)

治療中に電話がなりました。予約かな、と思って電話に出てみると、
「先日、枕を送っていただいた徳島県の○○です」
一瞬、もっと詳しい使い方の質問なのか、それともクレームなのか迷いましたが、
「あれからすごく調子が良くて、お礼を言いたくて電話しました」と明るい声!
おっ、いいですね(^^)/ 枕だけでこんなに早く効果が出るとは私も驚きです。

話によると、10年間も耳鼻科の薬で改善しなかった蓄膿症が、すごく楽になったのと首・肩のこりや痛みも楽になり、姿勢も良くなったとか。短時間の会話でしたが、喜んでいる様子が伝わってきて私も嬉しくなりました。
ご丁寧な電話、本当にありがとうございました。

説明文には、徳島県の自然形体療法院のことも紹介しておきました。ぜひそちらにも行かれてみてください。




 ↓読んだらこのバナーをクリックして、ランキングへの投票をお願いします。

人気ブログランキングへ 
★ひろた自然形体療法院 《新潟県阿賀野市小浮847》

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

10年近くも耳鼻科に通ったのに

以下の記事は、ホームページに掲載した症例からの転載です。

14歳 男性 中学3年生

【症状】
 小学生低学年のころから、鼻づまりがあり、定期的に耳鼻科へ通院。来院1か月前から鼻の右側に膿がたまってきて、腫れてきたと同時に痛みも出てきた。

【治療】
 初回治療後、ベッドから立ち上がった時に鼻が通っていたのがわかりました。この患者の場合、原因は頸椎にありました。電話予約時に患者の祖母から相談を受けていましたが、「きっと首が悪いんでしょう」と答えていたとおりでした。
 首がそのまま悪いほうに戻らなければ膿も抜けると思いましたので、頸椎枕を貸してあげました。その後話を聞いたら、ひと晩その枕で寝て、朝起きたら膿がきれいに抜けていたそうです!
 継続して枕を使いたいというので、後日買っていただきました。

 一年後、別の症状で再来院しましたが、鼻はその時の1回の治療で治ったと喜んでいました。

◎副鼻腔炎(蓄膿症)の原因と治療
 鼻(鼻腔)の周囲にある、副鼻腔という空洞に膿がたまった状態ですが、頸椎のゆがみなどが原因で起こることがあります。この場合、何年も病院に通院しても改善しません。薬で頸椎は治療できないし、病院ではわからないからです。上記で紹介した患者さんも、10年近くも鼻炎で通院していたといいます。目や鼻に症状がある場合、たいていは触診ですぐわかるほど頸椎のゆがみが確認できます。筋肉に大きな問題がなければ、歪みを直した後、悪いほうに戻ることは少ないです。


1クリックのご協力をお願いします↓。
1人1日1か所のクリックのみ有効です。
人気ブログランキングへ

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

プロフィール

ひろた自然形体療法院

Author:ひろた自然形体療法院
 
院長氏名:廣田正博
所在地:阿賀野市小浮847番地

その痛み、あきらめていませんか? どんな症状でも、原因を正しく治療すれば必ず改善します。
まずはお気軽にご相談を。

電話 0250-68-1400

★メールはこちらをクリック



ご予約はホームページから
   (特典あり)
  ☆こちらをクリック☆





⇒ブログのトップへ

カテゴリ
クリックして通販のページへ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR