FC2ブログ

治りにくい打撲? 実は亀裂骨折(ヒビ)だった。(小6男子 バスケ)

バスケの試合中、ゴール下で競った際に、相手選手の膝が右足のスネに当たりました。相手選手がバランスを崩したか滑ったか、かなりの衝撃だったようです。
それを転ばすに足で受け止めたので、よりダメージが大きかったのでしょう。
それでもその後も痛みをこらえてプレーを続行。試合後は近所の接骨院で診てもらうと、肉離れに近い打撲ではないか、ということでした。
そこではあまり患部を触らなかったそうですが、次に行った整体では、患部を揉まれ「けっこう痛かった(本人)」
一週間経っても痛みが変わらず、大事な大会を次の週に控えていたため、紹介で来院されました。

初診時、腫れもなく内出血もなく、でも圧痛はありました。打撲用の治療をすると圧痛の範囲が狭くなったようなので、このときはまだ打撲という判断でした。痛みが引かないのは、他の整体で揉まれたせいであろうと。打撲を揉んだら悪化しますので。

二日後、二度目の治療。練習では最初は良かったけど、だんだん痛くなったので途中でやめたとのこと。念入りに打撲用の治療を行って終了。
これで多分、大丈夫と思っていたら、その日の夜にメールが来て、大会までにもう少し万全にしたいと次の日に予約を希望されました。
さすがに、ここに来て気が付きました。これは打撲ではないと。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
記憶を遡ること十五年以上前のこと、まだ私は自然形体の研修生でした。
子供が通っていた小学校の養護教諭がPTAの会合の際に私に相談してきました。
教「半月ほど前に子供が私の足のスネにぶつかってきて、まだ痛いんです」
私「半月も痛みが変わらなければ、それはヒビ入っていますよ」
教「でも、整形外科を二軒回ってレントゲン撮りましたが異常ないって」
私「それはレントゲンの方向が悪い。ぶつかった反対側から撮らないと」
教「でも撮影方向を私が指示したら怒られませんか?」
私「それなら、そっち側が痛いって言えばいい(笑)」
後日、私の携帯に電話が入り、やはりヒビが入っていたと。整形外科が何をやっているんだと憤慨していました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
治療前に骨折の検査です。
スネ部分、つまり腓骨付近を軽く押しても圧痛があります。
そこで腓骨を骨折方向に動かないように保持した状態で押して見ると、痛みがありません。
骨折は骨が密着していれば痛くないのです。
昔のエピソードを交えて本人とお母さんに説明しました。また、腓骨より圧倒的に脛骨のほうが太くて丈夫なので、歩くのは問題がないこと、ギブスやテーピング、サポーターなどで固定しようとすると骨折方向に力が加わるので何も巻かないこと(ふくらはぎの筋肉があるので添え木は不可能)、そして次の大会は諦めましょう、と。

骨折の治療(骨を密着させる)を施して終了です。
後日、私が言った方向からレントゲンを撮ってもらったという報告がありました。
「ちょっともやっと写っていて、先生も『やはりヒビが入っていたようですが、もうくっついてますよ』と言っていました」

大事な大会は出場叶いませんでしたが、ミニバスはまだたくさん大会があるし、しっかり治してから、いい思い出づくりに力を注ぎましょう!


★ひろた自然形体療法院 《新潟県阿賀野市小浮847》
 tel  0250-68-1400

水飲み健康法は、何をどう飲めばいいのか。

久しぶりに『カテゴリー:健康コラム」への投稿です。
患者さんからメールで問い合わせがありましたので、せっかくなのでこちらに掲載しました。
水飲み健康法については、ネット検索すると、推奨している記事も反論している記事も数多く出てきますので、詳しくはそちらもご参考にされてください。なるべく多くの記事を読まれると良いと思います。
ここではなるべく簡潔に述べたいと思います。

水を飲む健康法では、多数の記事で「食事以外に(液体として)口から補給する量は、一日1~1.5リットル」とされています。
これは欧米人の基準らしいので、水分を多く含む「ごはん」を主食とする日本人であれば、おおよそ1リットル前後であろうと推測されます。食後のお茶やコーヒー、薬やサプリを飲むときの水、のどが渇いたときの水分補給(水、ジュースなど)などの合計で1リットルですね。
お酒などのアルコール類は利尿作用などにより飲んだ以上の水を排出するらしい(特にビール)ので、水分補給にはならないそうなのでご注意を。
あとは体格とか夏場などの気温上昇による発汗、運動、などを考慮して補給するのが良いと考えますが、不足気味よりは“少し”多めに取るほうがいいでしょう。

一日に大人が食べ物や飲み物、体内で作られる代謝水の合計が約2400ml、尿や汗で排出される量がやはり2400ml。つまり、普通に生活していれば、だいたいバランスが取れているのです。
注意が必要なのは、バランスが取れているかもしれない摂取量にプラスして「水だけで2リットル以上の水を飲む」という健康法が良いかどうか、です。
カフェインや糖分の取り過ぎを考えると、食後のお茶やコーヒー以外では、水のほうがいいでしょう。しかし、水の取り過ぎによる“水毒”も指摘されていますので、あまり一日の目標値を決めて“無理に飲む”ことには注意が必要です。
飲みたくない(身体が欲していない)のに、飲むことは結果的に身体に負担をかけるのではないでしょうか。
もちろん、推奨する意見もありますので、実行する場合は反対意見も十分参考にしたほうがいいですね。

また、「真水で2リットル取るべきだ」という考え方もあります。しかし、カフェインや糖分のことを考慮しなければ、水道水も浄水器の水も、お茶もコーヒーも、ほとんど水分なので、真水にこだわる必要はないと思います。
しかも、通常私たちが“水”として認識しているものにも、不純物は含まています。さらに、仮に“純水”を飲んだとしても、胃腸の中の未消化の食べ物、あるいは胃酸などと混ざって、一瞬にして純水ではなくなってしまいます。

ですから、食後のお茶やコーヒーのほか、牛乳や豆乳、水(水道水、浄水器の水)などで適量を取る。カフェインやカロリーが心配なら麦茶などもいいですね。


★ひろた自然形体療法院 《新潟県阿賀野市小浮847》
 tel  0250-68-1400

オスグットの特殊例(小5 女子 バドミントン)

二か月前から痛み出し、整形外科に通うもなかなか良くならず、指導者の紹介で来院です。
立位から膝を曲げ始めるとすぐに痛みだします。
初回は通常の治療でしゃがみきっても痛みがなくなりましたが、圧痛が少し残りました。医師の指導で膝バンドをしていたらしいので、どうもそれが原因のようです。
膝バンドやサポーターをすると治りにくくなるばかりか、悪化する場合がほとんどなので、そういったものをしないように、よく説明して初回は終了です。

2回目の施術前の状況はもうしゃがんでも痛みはありません。練習中はまだ少しだけ痛かったという話。
一番痛い動作はと聞くと、「痛い方の足(右)を前に出して踏ん張ったとき」と言います。
この動作の痛みの原因とみられる圧痛がなかなか取れません。
通常の方法やオスグットの特殊な例も含めて施術しますが、あまり変化がありません。

通常のやり方で圧痛が取れなければ、よ~く考えなければいけません。
膝に指撫法をしながら、壁に貼ってある人体図を眺めていると、ふと閃きました。
まだ圧痛が変わらないことを確認した上で、ある方法をやってみること数分……。
圧痛が完全に取れました。

立ってもらって、右足を踏み出して踏ん張っても問題ありません。
本人は痛みがなくて大喜びでしたが、お母さんが今ひとつ納得していない様子で、「本当に痛くないの?」と何度も聞いています。
念の為、もう2、3回練習してもまだ痛みが残るようなら、すぐ来てくださいと伝えて終了しました。

オスグット自体は、初回の治療で改善していた感じです。残っていたのは言ってみれば関連痛といったところでしょうか。
いずれにせよ、オスグットは医療機関では治せないばかりか、より悪化させるケースがよく見られます。ご注意を。


★ひろた自然形体療法院 《新潟県阿賀野市小浮847》
 tel  0250-68-1400

有痛性外頸骨の根本治療(中3 男子 バスケット)

オスグットが主訴の患者さんです。
遠方からの来院なので、なるべく1回の治療で今週末の大会に間に合わせてあげたいと思いながら、ふと足底に目をやると、外脛骨付近が盛り上がっています。
「あれ? ここ押したら痛いんじゃない?」と言って確かめると、確かに圧痛があり、運動中も痛いといいます。
有痛性外頸骨ですね、と言ったら本人も付き添いのお母さんも初めて知った様子でした。部活をしていると、あちこち痛みが出ることはありますが、そんな感じで放置していた様子です。
最近痛みが出たようですが、病院に行っても治りません。
「オスグットの治療が終わったらここもやってあげるね」
と、最後の方の数分で痛みはなくなりました。「もう治ったの?」とお母さん。

関係した筋肉群はオスグット治療と関連してやっていたので、圧痛自体は数分でOKなんですね。
普通は1~2回で改善しますが、この方の場合、捻挫予防の特殊なサポーターで締め付けていたのが原因の一つのようです。
もちろんサポーターはしないほうがよいのですが、
「しないと顧問の先生に怒られる」のだそう。一度捻挫で大怪我をしているので先生も心配しているのでしょうが、どっちを優先するか、なかなか難しい問題です。
 
 
★ひろた自然形体療法院 《新潟県阿賀野市小浮847》
 tel  0250-68-1400

あしたのジョー作戦 「筋肉は裏切らない」 祝・マスターズ陸上出場

毎年、マスターズ陸上大会は炎天下で行われます。
今年も暑かった~。です。
でも少し雲があった分、例年よりは過ごしやすかったかな。

さて、まずは結果からです。
DSC_0130.jpg

はい13秒68、順位はともかく、タイムは昨年の14秒23、一昨年の13秒80を上回りました。
一年間やってきたことが無駄ではなかったことの証明となり、素直に嬉しいです。
できれば13秒5くらいで走りたかったのですが、もし今年も14秒台だったときの絶望感を想像したら(怖)、、、まあ上出来でしょう(笑)
風は追い風1.8m。あの桐生祥秀とサニブラウン・ハキームが9秒台出したときと同じ(レベル違いすぎて:笑)という、絶好の条件でした。

さて振り返って、昨年の大会以来、一年振りのレースでした。長かったですね。レースが少ないからモチベーションを保つのが大変なんです。待ちに待ったこの日。
昨年秋から筋トレ(NHK・みんなで筋肉体操)をやるようになり、その中の名台詞「筋肉は裏切らない!」に対して、「本当かよ!」「絶対だな?!」とツッコミを入れながらも頑張ってきました。
3月からは陸上のドリルを取り入れ、筋トレも陸上用のものに変更してから状態が良くなったのは前回の報告どおり。

しかし、なんと2周間前にぎっくり腰をやってしまい、練習ペースを大幅にダウンせざるを得なくなりました。3日前の60m計測では絶望的なタイム。。。
ぎっくり腰の原因は、やはり腹筋のやりすぎによる疲労ですね。そして筋トレ後にストレッチをサボったことがあったのも一因。油断禁物です。
それでも、そこは治療家の端くれ。練習もある程度こなしながら自己療法等でなんとか回復させ、今日のレースに挑みました。

調整不足に少し不安はあったものの、火事場の馬鹿力(?)に期待して諦めなかったのがよかったですね。

なお、私が出場したM55(満55歳~59歳)のレースは群馬県から2名の参加があり、この二人が1、2位でした。
出場した新潟県勢では私が1位でしたが、いつも私より速い二人が欠場だったので、もしこの二人が出ていたらどうだったのか?
ここ数年のタイムを考慮すると、一人には勝てていたかも。そうすると実質、新潟県内では良くて2位ってとこかな。。。

それでも、今の練習がスピードアップに効果的であるということは分かりました。
歳をとっても、まだ記録は伸びます! 今年12月で59歳。でも53歳のときよりも速い!
この調子で65歳までには12秒台が出せるよう、筋肉を信じて頑張ります!



★ひろた自然形体療法院 《新潟県阿賀野市小浮847》
 tel  0250-68-1400

走った後に酸欠状態で頭痛が起きる。(高2 女子 陸上)

中学の頃から短距離・中距離で頑張っています。高校生になってからは400mが専門とのこと。
高1のときは順調にタイムも伸びたそうですが、高2になってからは調子が上がらず、次第に走った後の頭痛に悩まされるようになります。
病院の検査では貧血はなく、低血圧症ということで薬を服用。自律神経の症状も出ている、という内容でメールがありました。
この選手は中学時代にオスグット等で治療し改善していますが、そのことを思い出されて予約のメールを出されたようです。

2年前の施術記録を見てみると、オスグットの他に足先が冷たい、肩こりなどの症状があり、身体も歪んでいたようです。

さて、実際に検査と施術をしてみると身体の状態は予想通りでしたが、筋肉のこわばりが特に酷く、丁寧にやっていたらとても通常の時間枠では足りないことが明らかになりました。次の患者さん(比較的近所の方)が最後だったので、その方にメールで時間が押していることを伝えて時間延長です。

ようやく大丈夫なレベルまで改善したので起きてもらうと、スッキリした感じで笑顔も見られました。おそらく、もう走っても大丈夫でしょう。
念の為、一週間後に予約を取って帰られました。

そして本日、再来院。
頭痛はどうだったと聞くと、
「全然痛くなりませんでした!」とニッコリ。あ~、良かったですね(^^)v
身体のこわばりも戻っていなく、前回治療後の状態よりも良くなっている部分もあります。
お母さんも、「病院や鍼治療でダメだったけど、こちらに来たら一回で改善しました」と喜んでいらっしゃいました。
次の大会では自己ベストが出るかもね(予言)。


★ひろた自然形体療法院 《新潟県阿賀野市小浮847》
 tel  0250-68-1400

続・あしたのジョー作戦 「実はまだちゃんとやってます」

あと約一か月となりました。そう、今年のマスターズ陸上大会です。
昨年の秋の大会報告もしないし、練習の様子も数か月ブログに載せてないので、「まだトレーニングはしているのですか?」という声も聞こえ始めました。
やってます! それも今まで以上に真剣に、やってます!

秋の大会報告をしなかったのは、大会そのものがなかったからです。
毎年10月頃に開催されていた新潟県スポーツフェスティバルの種目の一つとしてマスターズ陸上もあったのですが、その県スポーツフェスティバルが突然なくなってしまったのです。(理由不明)
なので、昨年は5月の連盟の大会のみ。この一年、長かったですね。
今年も私が出場できる大会は、5月の県大会と9月の北陸マスターズのみ。ただ、9月の大会の開催地は福井県なんですよね、遠いなぁぁぁ。
今の所、2対8の割合で9月の大会は出場しないと思います。
だから、あと1ヵ月後に迫った県大会は非常に楽しみであり、一発勝負の大事な大会なのです。

さて、昨年の大会はいろいろ考えすぎて肉体面からも失敗のレースでした。
そこでこの一年は、筋トレを含めていろいろ試行錯誤を繰り返しました。
9月からはNHKの「みんなで筋肉体操」を週4回ほど、昼食を摂る前に約20分、4種目(腹筋、腕立て伏せ、背筋、スクワット)をこなしました。(その後バージョン2に切り替え)
もちろん、春から飲み始めていたプロテインも継続。
走るトレーニングでは、平日の仕事終わりにも体育館へ2回ほど出没し、休日のトレーニングと合わせて週3~4回は走りました。
スタミナは間違いなくつきました。筋力も、「みんなで筋肉体操」を速く楽にこなせるようになりました。
それなのに! 体重は72kg~73kg台を行ったり来たり。体脂肪は減少傾向にありますが、もうちょっと体重が欲しいなぁ。最低でも75~76kgにならないと……。

まあ、体重はそのままで筋力がアップしているなら良いだろうと、なかば開きなおっていたのですが、3月になって新兵器のタイム計測アプリで図ってみたら、全然速くなっていない!
(このアプリについては後日あらためて紹介します)
(老化には勝てないのか……)
そう思いかけたとき、You Tubeで貴重な動画を見つけました。目から鱗とはまさにこのこと。

本当に今更なんですけど、3月半ばからは、本格的に陸上のトレーニングはじめました。
まずドリルですね。やはり闇雲に走るだけでなく、スプリントに特化したメニューを実践しなくてはいけません。(そうじゃないと、老化に勝てない)
4月に入ってからは、昼食前の筋トレを「NHKみんなで筋肉体操」から、よりスプリントに適した内容に変更です。5月からは何と、タイヤ引きダッシュ(=スレッド)も始めます(どこでやるんだろ:汗)
ちなみに、参考にしたYou Tube動画は「ダッシュでいこうぜ!」という動画のシリーズ。
TKDこと竹田(武田?)氏が、色んな陸上トレーナーやランナーから練習方法や走りのコツなどを教えてもらっている様子を紹介している動画です。


分かりやすいし、すごく楽しい動画です。ぜひご覧ください。
このシリーズ、いくつか実践しています。筋トレもこの中のひつとつ。



これらのメニューに切り替えて約1か月、ついに先週のタイム計測で、2年前の60m走のタイムを上回る数値が出ました!(100mは機械的な問題で未計測)
2年前のレースでは、60mは1位になり、その勢いで100mは2位に入りました。(ただし、絶対王者は欠場していたので、実質3番手)そのときのタイムを上回ったということは……(ゴクリ)
あと1か月、頑張ります。
でもこのメニューを続けたら、来年はかなり期待できますね。


★ひろた自然形体療法院 《新潟県阿賀野市小浮847》
 tel  0250-68-1400
プロフィール

ひろた自然形体療法院

Author:ひろた自然形体療法院
 
院長氏名:廣田正博
所在地:阿賀野市小浮847番地

その痛み、あきらめていませんか? どんな症状でも、原因を正しく治療すれば必ず改善します。
まずはお気軽にご相談を。

電話 0250-68-1400

★メールはこちらをクリック



ご予約はホームページから
   (特典あり)
  ☆こちらをクリック☆





⇒ブログのトップへ

カテゴリ
クリックして通販のページへ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR