Try everything! マスターズ 2016/9/15

今日は旧暦(陰暦)の8月15日と重なり、中秋の名月とされている日です。
陰暦は月の満ち欠けを基準としていますから、中秋の名月は必ず満月になると思われがちですが、天文学の厳密な数値は毎年微妙にずれてしまいます。
今年の満月は土曜の早朝4時5分であると、専門誌(天文年間2016 誠文堂新光社)に載っていました。でも今日の月も満月と見間違うほどに円く、薄曇りの中で綺麗に見ることができました。

また平成11年まで9月15日は、敬老の日で祝日でした。そして私の住む阿賀野市、なかでも合併前の旧安田町では、安田八幡宮の例祭が行われていた日でもありました。
現在は、”今の敬老の日”に近い土日に開催しており、今年は9月17日(土)~18日(日)です。土曜が宵宮ですね。
でもこの例祭、別名を『十五夜祭り』ともいいますので、やはり15日に開催したほうがしっくりくるのですが、今年は満月が17日(土)ということですから、雰囲気の良い中で祭りが行われそうです。
天気が心配ですけどね。

さて、そんな良き日(笑)、午前中はしっかりトレーニングしてきましたよ。
でも左足首が日曜から痛く、全力ダッシュはできませんでした。なぜ足首を傷めたかというと、前日の練習に理由がありました。
というのも、10月1日の記録会に向け、7月からなるべく週2回は練習しようと、土曜の夜は新潟市陸上競技場で練習してきました。
やはり練習量を増やすだけでなく、スパイクを履いて、スターティングブロックを使って練習するのはとても大事なことです。もちろんずっと前から分かっていたのですが、やっとやる気になったんですね(笑)
ただ、仕事が終わってから出かけるわけで、競技場にいる時間が短いのでアップや練習後のストレッチがどうしても不足するのです。
加えて先日の練習では走法を変えてみたら、いつもと筋肉の使い方が違ったらしく、それが足首の痛みにつかがってしまったようです。
DSC_0185-2 (1) 

記録のためにトレーニングをしていますが、やればやるほどケガや故障が発生するリスクも高まります。私だけではありません。運動すればするほど健康になれる、というわけではないのです。
皆さんも気をつけましょうね。




   ↓読んだらこのバナーをクリックして、ランキングへの投票をお願いします。 人気ブログランキングへ  ★ひろた自然形体療法院 《新潟県阿賀野市小浮847》

全身の痛みで日常生活が困難に(30代 女性)

もともとは、アトピー性皮膚炎で悩んでいたのがきっかけのようです。
病院から出される薬は自分の判断で止めました。これは正解。
ステロイドはアトピーの症状を一時的に強く抑えることは出来ますが、根本治療薬ではないばかりか、副作用でアトピーのような症状が出ます。
悪化やリバウンドと思っていた症状が実は薬の副作用だったということも珍しくないはずです。
しかしこの方の場合、問題はここから。

食べると痒みが強くなる食材を次第に抜いていった結果、白米、野菜、一部の豆類しか食べなくなりました(食物アレルギー検査はしていない)。
この食生活を数年続けたところ、次第に歩行困難になり、全身の痛みが出始め、ビタミンD不足による”くる病(骨軟化症)”まで発症してしまいました。背骨が変形して極端に後わんしています。
きっとくる病以外にも、栄養不足からくる症状が少なからずあるでしょう。

ただし、栄養不足だけで全身の痛みが発生したわけでもありません。
数年前に突然尾骨に激痛が走り、内出血もしたといいます。激痛でまともに歩けず、カニのように横歩きしかできなくなりました。
病院で検査しても異常なく、インナーマッスルを鍛えなさいというばかり。
横歩きが改善しても、今度は足が前に進まなくなりました。そして全身の痛み。
一か月半前に当院へ来院した時は、お母さんから補助してもらいながらすり足で歩くのが精いっぱい。わずか2センチの段差さえ超えるのには一苦労。動くたびに全身が痛く、ベッドの寝起きは10分もかかるという状況でした。
治療しようと手足を持つのですが、どこをどう動かしても痛みで声が出ます。
週2回の治療計画を立てましたが、こんな状態なので最初の3回まではただ優しく撫でることしか出来ませんでした。
正直、これは私では無理なのではないかと悩みました。しかし、私を頼って通院してくれてる以上、私しかいないのです。故・山田先生の「患者さんにとって、目の前の先生が一番なんだよ」という言葉を思い出し、少しずつでも改善していくよう頑張ってみることにしました。

4回目の治療時から、どうやら多くの関節で動作転位がおきていることが分かりました。あくびをすると痛いのは胸が広がりにくくなっていることや、胸がビリビリ痛いのは神経痛であること等も分かってきました。
これらを手足の動かせる範囲、痛みのでない範囲で地道に治療していくことが大切です。
まだ原因が特定できない痛みのほうが多いのですが、少しずつ痛みの数を減らしていくしかありません。
それでも治療回数を重ねていくたび、動作が早くなってきました。段差がないところは一人で歩けます。足も3~4センチ上がるようになりました。今日は治療ベッドから起きて下に降りるまで、1分くらいしかかかりませんでした。自力で立ち上がることも出来ました。
体重も増えてきたのは食事内容も改善してきたからでしょう。

まだまだ時間はかかりますが、あせらず、少しずつ改善させていきましょう。




   ↓読んだらこのバナーをクリックして、ランキングへの投票をお願いします。 人気ブログランキングへ  ★ひろた自然形体療法院 《新潟県阿賀野市小浮847》

緊急! 8月11日(木)天体観測会やります! 土星と月を観てみませんか?

ぎりぎりの告知で申し訳ございません。
8月11日(木)、阿賀野市立吉田東伍記念博物館の駐車場にて、天体観測会を行います。
安田地区の小学生と友の会会員の皆様には、限定でチラシを配布しておりますが、誰でも参加できます。

博物館友の会主催で、同会の役員でもある私・廣田が、皆様を宇宙の世界へとご案内いたします。
土星のリングや月のクレーターを天体望遠鏡で観てみませんか。
特に、土星のリングをまだ生で観たことがない人は、ぜひどうぞ。感動しますよ(^^)/

午後7時~9時頃まで開催しています。申し込みは不要で、自由解散ですので、都合の良い時間だけご参加くださって結構です。
なお、博物館駐車場内は、事故には十分ご注意ください。
雨天中止ですが、曇りでも月が見えるような天候でしたら十分、観測できます。

◎問い合わせ先(公式) 阿賀野市立吉田東伍記念博物館 電話 0250-68-1200
  ※ひろた自然形体療法院に電話しても、私の携帯電話に転送になります(0250-68-1400)
◎博物館所在地  阿賀野市保田1725-1
※博物館へのアクセス方法は博物館webサイトをご覧ください。




   ↓読んだらこのバナーをクリックして、ランキングへの投票をお願いします。 人気ブログランキングへ  ★ひろた自然形体療法院 《新潟県阿賀野市小浮847》

Try everything! マスターズ 2016/8/4

梅雨も明け猛暑まっただ中、今日も日中のトレーニングには過酷すぎる条件でした。
先週も暑さとアスファルトの照り返しにやられ、そうそうに体育館に逃げ込んだこともあり、今日はせめてアスファルトではないところで走ろうと、日陰を探しながらアップのジョギングです。
でも、あまり人目がつかず、車の交通量も少なく、日陰で直線で、という道路はそうそうあるものではありません。
ふと、農業用水脇の道路がコンクリート舗装だったことを思い出しました。アスファルトと違って色が白っぽいので、照り返しの熱気は少し楽なはず。そこで母衣王神社(ほろおじんじゃ)より少し山奥にある場所に向かいます。でもこれだけでぐったりするほどの暑さ。
飲み物を持たずに来たので、熱中症で危険を感じたら用水に首をつっこむかもしれません。
そこでダッシュを繰り返しますが、道路の照り返しは無くても、やはりキツイ、アツい! 汗はぼたぼた、足元もふらふら。もう少しダッシュしたい分は、体育館に戻ってやりましょう。
とりあえず、1km先の体育館目指して走り始めますが、そこでいい考えが閃きました。というか、何年か前にもやったことを思い出しました。
「岩瀬の清水に行こう!」ちょっと回り道ですが、一年中湧き出ている清水で身体を潤しましょう。
喉がカラカラになりながらも、冷たい清水が待っていると思えば力も湧き出ます!
◎岩瀬の清水
岩瀬の清水 そう、ここにね、ひざまずいて頭から冷たい清水を浴びるんです。もう最高です!
コップも用意してあるので、4杯くらい飲んでしまいました。衛生的にはどうなんだろうとも思うのですが、5時間たっても別に身体に異常はありません。
ペットボトルに何本も詰め込んで行く人もいましたし、大丈夫なんでしょう。
来週は山の日(祝)、お盆も来るのでしばらくトレーニングはお休みかな。でも、チャンスがあったら走ります。10月1日(土)にビッグスワンで記録会があるので、あまり休んでもいられません。
帰りに参加費も振り込んできました。というわけで当日は基本、休診とします。(でも午後から仕事できるかも?)





   ↓読んだらこのバナーをクリックして、ランキングへの投票をお願いします。 人気ブログランキングへ  ★ひろた自然形体療法院 《新潟県阿賀野市小浮847》

「外でダッシュさせてもいいですか?」股関節の痛み(高1 女子 バスケ)

中学1年生のときに膝の痛みで最初に来院して以来、その後も腰痛、シンスプリント等、痛みが出ると治療に来ていました。
遠方にお住まいで、車で片道2時間弱かかるでしょうか。それでも「ここに来ると治るから」とお父さん。今回は高校生になって最初の来院です。

約半月前から、左股関節の痛みが出始めました。ウォーミングアップで足を上げてステップするときやダッシュで痛みが出ます。
部活も全く休みがなく、なかなか当院にくるチャンスがなかったといいますが、夜の時間外にようやく予約できました。

練習もかなりハードだということで、その悪いほうの成果が全身にでていました。股関節の痛みを取ることはもちろん、全身の疲れを取ってやるのも大事です。

治療終了後、私としては(たぶん大丈夫だろう)という確信はありました。
ただ、室内でちょっと動いてもらっても、痛みは出ない代わりに「良くなったかどうかは、今わからない(本人)」といいます。
するとお父さんが
「外で走らせてみてもいいですか?」と聞いてきました。
治療直後でアップ不足だし、夜間ということもあって私も一瞬迷いましたが、なかなか通院できない分、お父さんも今確認しておきたいのでしょう。
田舎で敷地は広いので、庭先でも30mくらいは走れます。

さて、最初はちょっと恐る恐るのようでしたが、痛みのないのを確認すると、次は普段のアップと同じ程度の強さでやってみました。すると、
「おっ! 痛くない。すごい。足も軽い!」と笑顔です。良かったね。

「それにしても、患部はほんの少ししか触っていないのに、ちゃんと痛みが取れるんですね。素人考えだと、つい痛みのある部分にだけ目が行ってしまいます」とお父さん。
いえいえ、素人考えなんかじゃありませんよ。病院に行ったって、痛みのある部分しか診ませんから。
無事を祈りますが、またどこか痛みがでたら早めにどうぞ。






   ↓読んだらこのバナーをクリックして、ランキングへの投票をお願いします。 人気ブログランキングへ  ★ひろた自然形体療法院 《新潟県阿賀野市小浮847》

「二日酔いで気持ち悪い」←いいえ、違います。(40代 女性)

私の妻のことですが、今朝の朝食時のこと。
「なんか二日酔いみたい。気持ち悪いし、とにかく具合が悪い」と訴えてきました。
食欲も無く、横になるとめまいのような症状も出るとのこと。
二日酔いかもしれないと言いますが、たいして飲んでいないのはわかっているので、そんなはずはありません。だから時間が経てば良くなるということでもありません。

ここ数か月、フルに妻の治療をしていないので、かなり危険な状態ではないかと、うすうす感じてはいました。とうとう、ここで来ましたね。
ときどき体調が悪いと訴えるときは、就寝前等に治療はやってはいましたが、私も疲れているので、たっぷり時間をとって全身治療も出来ません。
今日の午前中は何も予定がないので、久しぶりにじっくり治療してあげましょう。

状態は予想どおりというか、それ以上悪い箇所もありました。
具合が悪いという症状の原因が全て身体に現れていました。だから、ここを治療すればたちまち元気になるに違いありません。
途中、妻のお腹がグーっとなるのを聞きながら、「うちの子が、先生の治療後はお腹がすくと、よく言うんですよ」という患者さんのお母さんの言葉を思い出します。

さて、治療後は予想通り、気持ち悪さ・ふらつき等の症状もすっかり消え、昼食もしっかり食べることが出来ました。
本人が思っている以上に疲労がたまっていたのですが、実は昨夜、私のトレーニングに付き合って、新潟市陸上競技場の一般開放(ナイター)で走ったんですね。
健康のために運動したつもりが、疲労に疲労を重ねた結果、逆に健康を害してしまった例です。実は世の中、このパターンが非常に多いのです。皆さんも気をつけてくださいね。

思い起こせば、長女の病気(当時小1、現在大4)をきっかけに故・山田先生と自然形体療法に出会い、(この技術を習得すれば、うちの家族は病院にいかなくても、自分が守れる!)と確信し、研修生になったのでした。
そのことを思い出しながら、(先生、そのとおりになっています)と、あらためて山田先生に感謝し、治療室においてある先生の写真に合掌。




   ↓読んだらこのバナーをクリックして、ランキングへの投票をお願いします。 人気ブログランキングへ  ★ひろた自然形体療法院 《新潟県阿賀野市小浮847》

医師に「薬を出すのは医療費のムダ」と怒られた、変形性膝関節炎が改善(60代 女性)

昨年の3月に階段で転んで右膝を捻ってしまいました。炎症をおこしたので整形外科で痛み止めと水抜き、ヒアルロン酸注射などの処置を行いました。
しかし、症状が改善するどころか、右膝をかばっていたで左膝も痛くなってしまいました。
座っていれば痛みはありませんが、立ったり歩いたりすると痛みます。
杖をついていてもかなり激痛で、座薬の痛み止めも全く効果がありません。
一旦、地元の整形外科から、ペインクリニックに変えて3か月通いましたが全く変わらず、また地元の整形外科に戻ります。
医師に「本当に痛いんです」と伝えると、薬を変えてくれますが、どの薬も効果なし。看護師からは「もっと強く先生に痛みを訴えたほうがいいよ」とアドバイスをもらう始末。
整形外科も変えてみますが、いずれも結論的には『膝軟骨のすり減り、老化、筋力不足』と言われまいした。片足立ちのトレーニングやとにかく運動しろと指導されて、頑張ってみますが痛みは改善しません。

こうして苦しい日々が続くと、うつ状態になってしまうといいます。夫を40代前半で病気でなくし、「もう十分生きたから長生きしなくていい」とまで考え始めたとか。
こうして一年以上過ぎたころ、長男のお嫁さんが「職場で評判のところがあって、ちょっと遠いけど、送ってあげるから行きましょう」と言ってくれました。

両膝を曲げてよたよたと治療室に入ってこられました。いろいろ話を聞きましたが、相変わらず整形外科の治療と指導はひどいものです。
まず、膝の痛みは老化・筋肉不足・運動不足はまったく関係ありません。片足立ちのトレーニングなんて症状を悪化させるだけです。腕の骨を負った人に腕立て伏せをさせているようなもの(ちょっと極端な例えですが)。
膝に溜まった水を抜いて、ヒアルロン酸を注射するのもよく行われる処置ですが、そもそも膝の水の主成分がヒアルロン酸です。内出血して血が混じったというならともかく、ヒアルロン酸を抜いたり足したりでどう変わるのか?
軟骨がすり減って関節のかみ合わせが悪くなり、そのために神経性の関節痛が出ることはありますが、軟骨そのものには神経がないので痛みません。

この方の場合、一番の原因は膝裏にありました。重症ですが、わりと単純なもののようです。変形性膝関節症の場合、たまになかなか痛みが引かない症例もありますが、この方の場合は治療するごとに痛みがなくなっていくことでしょう。

初回の治療後、「痛みはありますが軽くなりました」と笑顔で買えられました。
その10日後に2度めの治療。
初回の後は、家に帰ったら痛みが戻ってしまったといいます。
そしていつもの整形外科に行って「薬が効きません」と訴えると、とうとう医師が怒ってしまいました。
「あなたみたいに、いつまでも痛い痛いというような人には、医療費がもったいないから薬は出せません」と。医師失格ですね。

2度目の治療後は、家に帰って痛みが戻らないよう、車中での自己療法を指導しました。
3日後に3回目。治療後は痛みがなく歩くことが出来、「1年3か月ぶりに痛みがありません! 杖もいりません」と満面の笑顔。
その一週間後に4回目の治療。
どうやら3回目の治療後は、非常に経過もよく、近所のスーパーでも痛みなく買い物ができ、レジの人たち全員にびっくりされたとか。それだけ傍から見ても気の毒な状態だったんですね。
「この後、孫のサッカー大会の応援に行ってくるんですよ!」と嬉しそうに話してくれました。
そうそう、人生まだまだ楽しいことがいっぱい待ってますから、元気で長生きしましょうね(^^)/




   ↓読んだらこのバナーをクリックして、ランキングへの投票をお願いします。 人気ブログランキングへ  ★ひろた自然形体療法院 《新潟県阿賀野市小浮847》
プロフィール

ひろた自然形体療法院

Author:ひろた自然形体療法院
 
院長氏名:廣田正博
所在地:阿賀野市小浮847番地

その痛み、あきらめていませんか? どんな症状でも、原因を正しく治療すれば必ず改善します。
まずはお気軽にご相談を。

電話 0250-68-1400

メールはこちらをクリック

※ドメイン指定をしてる方は、「hirota-shizen.com」を受信できるように設定してください。



ご予約はホームページから
   (特典あり)
  ☆こちらをクリック☆





⇒ブログのトップへ

カテゴリ
クリックして通販のページへ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR