大事な大会に間に合うか? 下駄履き骨折(小6男子、ミニバス)

県外遠征での試合中に左足首を捻ってしまいました。
遠征先の近くの整形外科では捻挫であろうという診断でしたが、帰宅しても足をつけないほどの激痛だったため、地元の整形外科で再度レントゲンを撮ってみました。
すると、第5中足骨基底部骨折(いわゆる下駄履き骨折)であることが判明しました。ギブスで固定して一週間、県大会出場をかけた大会が迫るなか、チームメイトの親御さんの紹介で来院されました。
一般的には全治2~3か月で、スポーツ復帰となるとさらに後になるといわれています。

来院時はギブスをしたままでも、体重を少しでもかけると痛い状態で、普段は松葉杖なしでは歩けません。しかしギブスを外してもらうと、腫れはかなり治まっており、内出血の痕も見当たりませんでした。
骨折部を足底側から軽く押しても痛みがあります。中足骨を指先の方から甲側にそらす動きもすぐに痛みが出ます。

自然形体療法での骨折治療は、骨折部を密着させることで痛みを取り、骨がくっつきやすい状態にするものです。例えて言うなら、瀬戸物の割れた破片を直すとき、ピッタリと断面を密着させればすぐにくっつきます。しかし、隙間がある状態では瞬間接着剤といえども、うまくくっつきません。
なお、当然ですが治療中は痛みがでるようなことは行いません。

痛みを確認しながら治療していきますが、まもなく骨を動かすことでの痛みはほとんどなくなりました。圧痛も軽減しましたが、折れている部分なので完全に痛みを取ることは難しいと判断しました。
立って足をついてもらうと、来院時よりは体重をかけることができるようになりました。本人も痛みが軽減していることに納得していることが、表情から見て取れます。

もともと骨折部のずれの少ない場所なので、このまま固定しておけばすぐに骨はくっつくでしょう。骨折治療はこの初期段階の施術で終了です。あとは、整形外科で「骨はくっつきました」とお墨付きをもらっても残る痛みの問題です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

さて、それからまた一週間たって再来院です。骨折してから18日目。
昨日、整形外科で「骨はくっついたので、ギブスを外して歩く練習をしましょう」と言われました。しかし、まだ体重を乗せると痛いので、松葉杖は使わないものの左足は伸ばしたような状態で歩く感じです。

骨折部の足底側からの圧痛はまだ結構ありますが、骨がくっついているのなら、安心して圧痛の治療に取り掛かれます。そして圧痛はすぐに取れましたが、立ったときや歩く動作ではまだ少し痛みます。両足揃えてのつま先立ちは問題なし。
治療を続けながら、途中で何度か立ってもらって痛みを確認します。確認するたびに痛みが軽くなっていくので、男の子の表情も明るくなっていきます。

仕上げに下半身全身の筋肉緊張をとり、立って歩いてもらうと……。
「あれ、全然痛くない!」と驚きの声をあげました。こういう瞬間って、治療家冥利に尽きます(笑)
大事な大会まであと3週間弱。もう1~2週間は大事をとって無理をしないでと伝えましたが、どうやら無事に間に合いそうです。





   ↓読んだらこのバナーをクリックして、ランキングへの投票をお願いします。 人気ブログランキングへ  ★ひろた自然形体療法院 《新潟県阿賀野市小浮847》

右のお尻から右足全体に電気が走るような痛み(40代 男性)

一口に坐骨神経痛といっても原因は様々です。
代表的なのが腰椎椎間板ヘルニアで、他には脊柱菅狭窄症や腰椎のねじれ、椎間板のつぶれ、お尻付近の筋肉の緊張などでも坐骨神経を刺激して痛み・しびれが出ます。
一般的にどんな痛みにも言えることですが、坐骨神経痛の症状も、回復するまでの治療回数や回復期間は人によって様々です。
また、股関節が原因で坐骨神経痛と似た症状が出ることもありますので、診断にあたっては注意が必要です。

この方の場合も、いわゆる右の坐骨神経痛と思われました。月一でメンテナンスに通っている奥様からの紹介で来院されました。
運転業務が長く、そのせいか以前から調子が悪かったといいます。右のお尻から右足全体に電気が走るような激痛が週に数回起こる他、腰や足に常に痛みがあります。
仰向けでも痛みがあり、うつ伏せは腰痛で5分もたないといいます。
いつからそんな状態ですか?と聞くと、「だいぶ前から」と顔を歪めながら答えます。もっと具体的に聞きたい気もしましたが、辛そうなので早めに治療に入ります。

まずベッドに座った状態で背中の状態を診ますが、筋肉の緊張状態が酷いのと、左右のバランスが違うのがひと目で分かるほど疲労しきっていました。
これはまず、筋肉治療が先ですね。

仰向けで治療して間もなく、
「何か、楽になってきました。魔法にかけられたようです」と驚きの声をあげました。
ある程度楽になってからうつ伏せになってもらいましたが大丈夫です。
治療後は、
「痛くありません! あと、姿勢がすごく良くなった気がします!」
そう、背中が凝り固まったせいで姿勢が悪かったのが、すっと伸びています。
ただし、時間が経って痛みがまた出て来る可能性もありますがら、まだ安心は出来ません。
通常は何度か治療が必要です。

数日後、奥様が月一のメンテナンスに来られたので聞いてみたら、すっかり良くなって喜んでいたとのこと。ほっと一安心。
どんな坐骨神経痛でもこんな感じで改善すると素晴らしいのですが、原因によっては長くかかる場合があります。



   ↓読んだらこのバナーをクリックして、ランキングへの投票をお願いします。 人気ブログランキングへ  ★ひろた自然形体療法院 《新潟県阿賀野市小浮847》

今年はもう大丈夫? 群発頭痛(40代 男性)

10年以上前から、毎年お盆の頃になると群発頭痛を繰り返してきた方。
群発頭痛は、ある一定の時期に約1~2ヶ月程度、ほぼ毎日のように決まった時間帯に現れることが多い頭痛で、数分から数時間も激痛が続きます。
頭だけでなく、歯痛や眼の奥など(えぐり取られるような)痛みだそうです。
この方の場合、午後2時頃から約1時間ほど頭痛がおきますが、入浴や飲酒でもおこります。
つまりは血行に深く関係しているのですが、偏頭痛などとは逆に、血行を抑制したほうが頭痛を抑える効果があります。

一昨年の夏、群発頭痛を再発し相談を受けましたが、特殊な症状のため最初は治療法が分かりませんでした。なにしろ、血行を良くしてはいけないし、血行を悪くする治療法など通常はありえません。
しかし、いろいろ思いをめぐらした結果、ある治療法が閃きました。
それが見事に効果をあらわし、頭痛は速やかに収束します。それが一昨年のこと。

群発頭痛は、群発期が過ぎるとうそのように症状がなくなります。
しばらく月一の通常メンテナンスで様子を見ます。専用治療は手法は通常どおりでも、考え方がちょっと特殊なので、毎回それをやる訳にはいきません。
そして昨年は、やはりお盆の頃に発症。でも例年よりは痛みは軽いようでした。ただちに群発頭痛専用の治療に入り、これも治まりました。

今年は頭痛が出ても出なくてもお盆前には、専門治療を行う予定でした。
すると本人も、「今年の夏は北海道にバイク旅行するので、旅先で頭痛が出ないように、事前に2回ほど治療してください」とのこと。
ということで旅行前に2回ほど治療しましたが、結果は良好。頭痛の前兆すらなかったといいます。
その後、現在まで大丈夫のようですから、今年はこのままいけるかな?




   ↓読んだらこのバナーをクリックして、ランキングへの投票をお願いします。 人気ブログランキングへ  ★ひろた自然形体療法院 《新潟県阿賀野市小浮847》

Try everything! マスターズ 2016/10/1

本日、新潟市ビッグスワンにて、新潟県スポーツフェスティバルとマスターズ陸上大会を兼ねた大会が開催されました。
DSC_0035.jpg 

例年ですと、土曜開催の大会は仕事優先で不参加でしたが、今年の春の大会があまりにも不甲斐ない成績だったので、このまま来年まで引きずることはできないと、今回は出場することにしたのです。
このため、施術の方は午後4時から3名のみということになりました。今日の施術を望んでいた方々には大変ご迷惑をおかけしました。深くお詫び申し上げます。

さて、前述の通り春の大会は、60m・100mともに最低目標タイムに僅かに届かず、奈落の底のちょっと手前まで落ち込んだ私。
そこでその後は、いつもよりはちょっと頑張って練習時間を増やしたり、スパイクとスターティングブロックにも慣れるよう努めてきました。
その甲斐あって? 60mではとりあえず最低目標タイムをクリアし、順位も初の1位を獲得しました(パチパチパチ!)
まぁ、タイムは平凡なものですが、やはり1位は嬉しいものです。
なによりも張り合いが出ます、変な自信が付きます、歩き方も堂々として……くるような気がしますw

しかも今回は、ちっちゃい優勝盾まで!
DSC_0038.jpg 
(泉田知事の名前でもらう賞状も、これが最後ですね)

残念ながら、100mの方は2位のため速報タイムも出ず、正式発表と賞状もいつもながら非常に遅いので、発表を待たずに帰ってきました。予約時間に間に合いませんからね。
100mの最低目標タイムをクリア出来たかどうかは、1位の人の速報タイムと離された距離を考慮すると、ん~微妙なところ。

でも課題も見つかったし、反省点をふまえ練習方法のアイディアも浮かんできたので、気を抜かず、来年の大会まで頑張ります!



   ↓読んだらこのバナーをクリックして、ランキングへの投票をお願いします。 人気ブログランキングへ  ★ひろた自然形体療法院 《新潟県阿賀野市小浮847》

Try everything! マスターズ 2016/9/15

今日は旧暦(陰暦)の8月15日と重なり、中秋の名月とされている日です。
陰暦は月の満ち欠けを基準としていますから、中秋の名月は必ず満月になると思われがちですが、天文学の厳密な数値は毎年微妙にずれてしまいます。
今年の満月は土曜の早朝4時5分であると、専門誌(天文年間2016 誠文堂新光社)に載っていました。でも今日の月も満月と見間違うほどに円く、薄曇りの中で綺麗に見ることができました。

また平成11年まで9月15日は、敬老の日で祝日でした。そして私の住む阿賀野市、なかでも合併前の旧安田町では、安田八幡宮の例祭が行われていた日でもありました。
現在は、”今の敬老の日”に近い土日に開催しており、今年は9月17日(土)~18日(日)です。土曜が宵宮ですね。
でもこの例祭、別名を『十五夜祭り』ともいいますので、やはり15日に開催したほうがしっくりくるのですが、今年は満月が17日(土)ということですから、雰囲気の良い中で祭りが行われそうです。
天気が心配ですけどね。

さて、そんな良き日(笑)、午前中はしっかりトレーニングしてきましたよ。
でも左足首が日曜から痛く、全力ダッシュはできませんでした。なぜ足首を傷めたかというと、前日の練習に理由がありました。
というのも、10月1日の記録会に向け、7月からなるべく週2回は練習しようと、土曜の夜は新潟市陸上競技場で練習してきました。
やはり練習量を増やすだけでなく、スパイクを履いて、スターティングブロックを使って練習するのはとても大事なことです。もちろんずっと前から分かっていたのですが、やっとやる気になったんですね(笑)
ただ、仕事が終わってから出かけるわけで、競技場にいる時間が短いのでアップや練習後のストレッチがどうしても不足するのです。
加えて先日の練習では走法を変えてみたら、いつもと筋肉の使い方が違ったらしく、それが足首の痛みにつかがってしまったようです。
DSC_0185-2 (1) 

記録のためにトレーニングをしていますが、やればやるほどケガや故障が発生するリスクも高まります。私だけではありません。運動すればするほど健康になれる、というわけではないのです。
皆さんも気をつけましょうね。




   ↓読んだらこのバナーをクリックして、ランキングへの投票をお願いします。 人気ブログランキングへ  ★ひろた自然形体療法院 《新潟県阿賀野市小浮847》

全身の痛みで日常生活が困難に(30代 女性)

もともとは、アトピー性皮膚炎で悩んでいたのがきっかけのようです。
病院から出される薬は自分の判断で止めました。これは正解。
ステロイドはアトピーの症状を一時的に強く抑えることは出来ますが、根本治療薬ではないばかりか、副作用でアトピーのような症状が出ます。
悪化やリバウンドと思っていた症状が実は薬の副作用だったということも珍しくないはずです。
しかしこの方の場合、問題はここから。

食べると痒みが強くなる食材を次第に抜いていった結果、白米、野菜、一部の豆類しか食べなくなりました(食物アレルギー検査はしていない)。
この食生活を数年続けたところ、次第に歩行困難になり、全身の痛みが出始め、ビタミンD不足による”くる病(骨軟化症)”まで発症してしまいました。背骨が変形して極端に後わんしています。
きっとくる病以外にも、栄養不足からくる症状が少なからずあるでしょう。

ただし、栄養不足だけで全身の痛みが発生したわけでもありません。
数年前に突然尾骨に激痛が走り、内出血もしたといいます。激痛でまともに歩けず、カニのように横歩きしかできなくなりました。
病院で検査しても異常なく、インナーマッスルを鍛えなさいというばかり。
横歩きが改善しても、今度は足が前に進まなくなりました。そして全身の痛み。
一か月半前に当院へ来院した時は、お母さんから補助してもらいながらすり足で歩くのが精いっぱい。わずか2センチの段差さえ超えるのには一苦労。動くたびに全身が痛く、ベッドの寝起きは10分もかかるという状況でした。
治療しようと手足を持つのですが、どこをどう動かしても痛みで声が出ます。
週2回の治療計画を立てましたが、こんな状態なので最初の3回まではただ優しく撫でることしか出来ませんでした。
正直、これは私では無理なのではないかと悩みました。しかし、私を頼って通院してくれてる以上、私しかいないのです。故・山田先生の「患者さんにとって、目の前の先生が一番なんだよ」という言葉を思い出し、少しずつでも改善していくよう頑張ってみることにしました。

4回目の治療時から、どうやら多くの関節で動作転位がおきていることが分かりました。あくびをすると痛いのは胸が広がりにくくなっていることや、胸がビリビリ痛いのは神経痛であること等も分かってきました。
これらを手足の動かせる範囲、痛みのでない範囲で地道に治療していくことが大切です。
まだ原因が特定できない痛みのほうが多いのですが、少しずつ痛みの数を減らしていくしかありません。
それでも治療回数を重ねていくたび、動作が早くなってきました。段差がないところは一人で歩けます。足も3~4センチ上がるようになりました。今日は治療ベッドから起きて下に降りるまで、1分くらいしかかかりませんでした。自力で立ち上がることも出来ました。
体重も増えてきたのは食事内容も改善してきたからでしょう。

まだまだ時間はかかりますが、あせらず、少しずつ改善させていきましょう。




   ↓読んだらこのバナーをクリックして、ランキングへの投票をお願いします。 人気ブログランキングへ  ★ひろた自然形体療法院 《新潟県阿賀野市小浮847》

緊急! 8月11日(木)天体観測会やります! 土星と月を観てみませんか?

ぎりぎりの告知で申し訳ございません。
8月11日(木)、阿賀野市立吉田東伍記念博物館の駐車場にて、天体観測会を行います。
安田地区の小学生と友の会会員の皆様には、限定でチラシを配布しておりますが、誰でも参加できます。

博物館友の会主催で、同会の役員でもある私・廣田が、皆様を宇宙の世界へとご案内いたします。
土星のリングや月のクレーターを天体望遠鏡で観てみませんか。
特に、土星のリングをまだ生で観たことがない人は、ぜひどうぞ。感動しますよ(^^)/

午後7時~9時頃まで開催しています。申し込みは不要で、自由解散ですので、都合の良い時間だけご参加くださって結構です。
なお、博物館駐車場内は、事故には十分ご注意ください。
雨天中止ですが、曇りでも月が見えるような天候でしたら十分、観測できます。

◎問い合わせ先(公式) 阿賀野市立吉田東伍記念博物館 電話 0250-68-1200
  ※ひろた自然形体療法院に電話しても、私の携帯電話に転送になります(0250-68-1400)
◎博物館所在地  阿賀野市保田1725-1
※博物館へのアクセス方法は博物館webサイトをご覧ください。




   ↓読んだらこのバナーをクリックして、ランキングへの投票をお願いします。 人気ブログランキングへ  ★ひろた自然形体療法院 《新潟県阿賀野市小浮847》
プロフィール

ひろた自然形体療法院

Author:ひろた自然形体療法院
 
院長氏名:廣田正博
所在地:阿賀野市小浮847番地

その痛み、あきらめていませんか? どんな症状でも、原因を正しく治療すれば必ず改善します。
まずはお気軽にご相談を。

電話 0250-68-1400

メールはこちらをクリック

※ドメイン指定をしてる方は、「hirota-shizen.com」を受信できるように設定してください。



ご予約はホームページから
   (特典あり)
  ☆こちらをクリック☆





⇒ブログのトップへ

カテゴリ
クリックして通販のページへ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR